2019年04月23日

春だし

え、もう4月も中旬なのか…まだ気持ちは年度末なんだけど…。といってる間に下旬になる勢い。

最近は改編期のせいか録画の消化がなかなか追い付かない。だめだ、心を無にして消化しないとダメなのか…。そうまでして見る必要あるのか?そんな根本的な問いに当たる今日この頃。

軽い気持ちで録画した連ドラが面白かったので、その成功体験が忘れられずまた軽い気持ちで新たな連ドラを録画するが、中には合わないものもあったりして、アニメも連ドラも同じか〜(´ω`)と今更ながらに思っている。

軽い気持ちで単発ドラマも録画するけど、本当に何も残らないタイプのが多いな。私の見方が悪いのか。

たまにゲームをやりたいなと思うこともあるが、ハードの発掘と起動がめんどくさくてそのまま。加齢による情熱の目減り。

その内何かを起動したい。
posted by ナノッチ at 08:34| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

亀の歩みか牛の歩みか

徐々に録画を消化してる〜。

ハグプリはやっと最終回まで漕ぎ着けた!!ばんざーい!はぐたんと敵がどっから来たのかすっかり忘れてたけど、そういえば未来から来たんだったね。異次元じゃなかったんだね。同じ世界の時間軸だったのね。ラスト近辺で主人公が「赤ちゃんはみんなで育てるものなんだ」と言ってたので、主人公がプリキュアにならずに一人で赤ちゃんを育てた未来があの「暗い明日」だったんだろうな。プリキュアになったことで他のメンバーも別の人生を選ぶことができた。そして周囲も変わっていった。「明るい明日」に辿り着いたってことなんだろうな。まぁそのプリキュアの力も漫然と得たものではなかったし、葛藤と行動の先に掴み取った未来ということなのかな。久々にちゃんと見たプリキュアだったせいか、内容がかなりてんこ盛りだった。メモリアルな展開も組み込みつつ、よく収めたなぁと思ってしまう。説明は丁寧にあったわけではないけど、「続きはみんなの心の中に」的な締めで良いと思いましたとさ。

新しいプリキュアは、ありそうでなかった「実際に歌いながら変身しちゃう」を実装していた。今まであったのかな。音楽をテーマにしたプリキュアもあったけど。でもあれはクラシックとかロックとかのジャンルだったような。まだ初期メンバーが揃ったのを見届けた辺りだが、声のラインナップが好みです。楽しみだ〜また暫くためながら消化するのでしょう。

深夜天才バカボンは最終回を控えて見終わり。ムラというか波のある全体。でもこういうもんだよね〜それを含めた全体がいい。

ケムリクサも最終回を残している。なので、ちゃんとした感想は特に出てこないんだけど、楽しみで毎週見ていて、最終回が来るのが寂しい。けもフレより見易かったんだけど、これはあれかな「今誰が喋っているのかさっぱりわからない」状態が続かないからなんだろうか。やっと個体識別ができるようになる頃には放送が終了していた。年寄りなのでみんな同じ声に聞こえてね…聞き分けできない…。絵柄の半透明感は徐々に慣れていくけど。

ゴールデンカムイ。こんな田舎でも2シリーズ放送してくれてありがとう地元局。毎週濃くてワクワクする視聴だった。キャラもきちんと掘り下げて、話もこれから面白くなりそうというところで終了なので、これはもうただの生殺し。漫画を読んで鼻息を収めるしかない。

春から爆丸アニメの新シリーズが始めるようなのでそれは楽しみ〜。同じようなものが来るとは思ってないけど、少なからずは期待してしまう。そんな古いヲタク心。主題歌がサイラバさんならありがたいが、そこまで期待してもいいのかな…。

鬼滅の刃は当然地上波では見れないので、配信で忘れずに見たい所存。原作は今結構酷いバトル真っ最中だけど、初期の話を思い出すのも懐かしいがあれはあれで心が辛い。当初から涙ぐみながら本誌を毎週読んでいた身としては、また毎週涙腺攻撃を受けるのかと思うと心が辛い(笑)。

リヴィジョンズは次回最終回なので、それを録画してから一気に見る予定。

ゾイドはもう惰性で見てるんだが、先週の「戦友の帰還」でまさかベーコンが?と思っていたら、更なるまさかでタイガーの帰還だった。しかも野生に還っていった。そっちの帰還か。

シンカリは民間に負わせる任務が重すぎる。一応母体は民間の鉄道会社のはずだが…。そんなのが気になって話が入ってこない時がある。でもまぁシンカリは勇者シリーズ(私の考える自動向け変身合体ロボアニメの基準)とは違うので、地球人の上位種族が出てこないんだよね。上位種族に当たるのが攻撃性又は侵略性の強い宇宙人と宇宙警備隊。たまたま衝突現場になってしまったのが地球じゃなくて、今回は同じ地球に住む種族の話なので、戦うにしろ対話するにしろ、すべてその場にいる当事者同士で決着つけないとダメなんだよね。天の声はない。それぞれの種族に言い分や事情都合価値観、欲望願望があるのは実社会と全く一緒でそう簡単に決着がつかないのもこれまた実社会と全く一緒。なかなかにチャレンジな話だな。そりゃ1年以上かかるな。でもまぁハグプリを見ていても思ったけど、ハグプリやシンカリみたいな話を見て育ったこどもたちの価値観がどうなるのか気になるよ。可能であれば期待したい。恐らく今までとは少し違うものになるんじゃないのかと
思ってしまう。今までも少しずつ変化はしてきてるんだろうと思うけど。なんかもう若い世代に希望を見たいと思っている時点で、もう隠居のヲタクだよ。老いた私にできることは何もない。

そんなことを実感する年度末。
posted by ナノッチ at 10:51| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

そして年度末へ

恐ろしいことに2月も終わりましたよ。さすが一番短い2月。

2月も薄氷を踏む録画メモリの残量だった。見れていない古い録画をなんとか消化しないと…。見る習慣のついたものは見次第消せるけど、習慣着いていないものはたまる一方だというのに最近漸く気付く。遅すぎる気もするが。あれかな、純粋に録画する量が多いのかな。余程の合わない番組でなければほぼ見てしまう緩い自分がいけないのかしら。じわじわと面白くない番組は、折り返しを過ぎると「残り数回だしな…」と惰性で見守ってしまう。でも厳密にオチが気になってる訳でもない話もあるので、そんな時は本当に惰性だな。

そういえば、気の迷いで荒れた農園を片付けるゲームに手を出してみた。クエストが発生するけど、私はこの荒れた農園を片付けることに全力を注ぎたい。なので、クエストそっちのけで荒れた敷地内の草刈り、落ち葉掃除、芝刈りばかりやってる。この手のゲームは好きなことをだらだらやるのが正解だと信じている。目的は多分無い。そして気が済んだら放置になるのでは。
仮に農園ゲームを本気でやるとしたら、普通にソフト買いたい。DSかPSPでなんかそういうのあるのかな〜(´ω`)

シンカリオンは継続するみたいなので、まだまだあのメンバーを見れるのかと思うとワクワクだね。それにしても、相手に対して「攻撃→破壊」じゃなくて「対話→共存」を求める辺りが最近の流れだなぁ。すいません、ただのファフナーの人なんで…。そして少し前の総集編でわかったことも多かったので…余り真面目に見ていなかったのが忍ばれるね。今後はボチボチ真面目に見ますよ。

リヴィジョンズ?は1話を見て「これはまとめて見た方がいい予感がする」と思って録画をためている。

ケムリクサは絵の半透明感にも慣れてきた。シロの卒業が悲しい。

ドメカノを見ていて「男子のハーレム物は大体みんな同じに見えてしまう…私も年かな…」と己の限界を感じた。最近WJの幽奈さんも同じように見えて…いや、キャラが増えすぎてよくわかんなくなって来たんだ。これもそうなのかな。とりあえず、不倫相手の男性の声が平川さんだったので、「刺される?再び刺される?」とかそこだけテンション上がった(最低)。て言うか、この作品に出てくる教員みんなアレな気がする。

深夜バカボンは相変わらず、舞台モノを見ている気分になる。

ハグプリの視聴はキラプリが出てきた辺りで止まってる。いやぁこのまま歴代のプリキュア全部出てくるのか?進行が恐ろしいな。

今月もあっという間に終わってしまいそうで怖いな…。
posted by ナノッチ at 19:14| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

2月に入りまして

1年で一番短いと言われている2月が来てしまいました。それでも1年の1/12が終わったという事実。早いなー。そりゃ年も取るよね〜(着地)。

で、ニチアサ(もう時間帯としては死語かも知れんが)の半分が改編されるこの時期になって、録りためていた「ハグプリ」を見始めました。もうね、毎週の楽しみを待ったり追ったりするのも楽しいんだけど、気になるから一気に自分のタイミングで走り抜けたいと思うこともあるそんなヲタク。ということで、1年遅れでプリキュアの沼に足を踏み入れた私。ちなみに今は初代が異世界から降ってきて、懐かしい打撃メインの戦いを見せつけられて心がたぎっているところです。いやぁ、あの降臨場面の膝の曲げ方が懐かしくてそれだけで燃える。そしてキャラデが色指定が違いすぎてハグプリキャラと並ぶとそれだけで笑える。いや、わびさび?(´ω`)当時の主題歌が流れても燃える〜。なるほど、これが去年の映画か…。しかし初代の打撃を見ると、最近のプリキュアはバトルの効果音がシャランラしてるな。昔のは重い。あ、ハグプリ本編は、風刺へのポジティブさが清々しいです。アンリが便利なツールに見えてしまうぜ。合間の玩具CMでネタバレ
になるのも微笑ましいお約束。敵側に甲斐田さん、新井さんが出てきたので一人で「わぁ、ファフナーのキャラが一杯だぁ」と喜んでいます(我ながら不憫)。まだまだ先が長いので楽しみです。

他に最近見ている番組は以下の通り。他にも見ている気がするが、思い浮かばないのでそんな感じ。まぁ録画したまま見てないのもあるし…去年の紅白も見ていないので、まだ年を越していません…。

「シンカリオン」
とうとう最終章に突入。大きい箇所から小さい箇所まで突っ込み所が多すぎて色々と追い付かない。何て話だ!キャラ増えすぎてる気もするが大好きだ。

「ゾイドワイルド」
やっぱゾイド自体を沢山出してもらわないと面白くないよね〜。ベーコンを見る度に、アーバインの扱いをやや思い出す。全く似てないけど。

「カトリー謎解き」
安心して見てられる。そういえばレントン教授の件は一応解決したから、もう出てこないのかな。犬がメインの話は、予想通りに他の犬猫の声が安定してた。まぁそうなるよね。

「ドメカノ」
タイトルを「ドメスティック」じゃなくて「バイオレンス」と読み間違えてしまったので、深夜らしい流血する話だろうかと思ったが、実物を見たら「なるほど、マガジンだな」と納得した。

「ラディアン」
1クール以上見るのが辛かったが(設定と背景が辛くて)、最近漸く世界観に慣れてきた。慣れるまで辛いこともある。

「神牙」
最近、ジオウでよく見かけていた井上さん。なんか前にも違うシリーズで魔界騎士になるのを見たような気がする。気のせいかも知れんが。
相変わらず人間の闇が重い。

「ルパパト」
来週最終回じゃね。今週初めて、メインキャラの名前が「怪盗」「警察」になると気がつきました。キャラ名、全く見ないにも程があるな…。生きててすいません。

「ジオウ」
ちゃんと当時のライダーが出てくるのは嬉しい。ディケイドみたいに2クールで終わるのかと心配したが、まだ続いているので1年やるのかなと思いたい。

「ケムリクサ」
実はまだけもフレから絵柄の半透明加減に慣れていない。

「深夜天才バカボン」
細川監督なので、CBMの舞台を見ていた年代には懐かしいネタが多い。時事ネタを扱わないギャグはある意味普遍なのかも。

「びじゅちゅーん」「ねほぱほ」
受信料払ってるんで、面白い番組をありがとう。
posted by ナノッチ at 22:42| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

明けてました

年が。

本年もどうぞ後ろ向きによろしくお願いいたします。一応生き長らえています。

まぁ昨年を振り返ると、表立ったヲタ活動は特にしてないし〜相変わらず地上波ではあんまり見れるアニメが無いのでネットでボチボチ眺めたり〜たまに騒いだり小銭を落としたり〜相変わらずGCでボチボチとゲームしたりしなかったり〜。でも冬になって、何故か「コピー本作りたい」と思い始めてみたりしている。どうやって動くかは全く決めてないけど、超アナログで何かやりたい。そんな感じで。ゆるふわで。

ネオロマはコルダ大学生の単行本を追っていきたい。追い詰めてはいない。
PS2を発掘して古の(個人の体感的にはそんなに古くないけど)「アンジェトロワ」を起動して心底盛り上がったりもした。やはり私の中のネオロマ世界観礎はアンジェだな。と再確認。トロワをコンプしたらエトワールを始めようと思っていながら、PS2を移動するのがめんどくさくてあの時以来起動どころか接続すらしていない。携帯できる専用機の恩恵に預かった身としては、テレビに接続してゲームを始めるのが億劫になってしまっている。これが堕落か。または加齢か。

あと、去年は比較的積極的にマンガを買いました。積まれてる…置き場所が無い…。実家を片付けて、古いマンガはかなり処分したけど、部分的に読みたくて読んだマンガもそのままここにある。処分する前に読みたかったなぁと思いながらも、現実的にそんな時間も体力もスペースも無かったので今に至る。これがリアルだ。もう一気に全部処分出来れば心は楽になるのかも知れない。個人的には、処分した後、思い立って買えるように本が回っていればいいんだけど、実際は絶版とかそうなることもあるし。権利関係とか色々あるんだろうけど、みんな電子で補完されていればいいなぁと思ってしまう。量も果てしなくなりそうだが。読み手側の我が儘だとわかっていながら。まぁ毎日新しい本が出版されるから、新陳代謝は難しいよね。後は自分の記憶が頼りだな。

そんなヲタクとしてのあり方を問われる昨年だった。今年はその答えが出るのだろうか。
posted by ナノッチ at 11:28| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

師走ですな

予告通り、サイラバさんとMinamiたんのアルバムを聞くのに耳と脳が忙しい今日この頃です。

「プラネット・ウイズ」の2巻は無事に買えました。わーい。話はまだ序盤のようなそうでもないようなそんな感じ。ネームからアニメを作られているので、確かにおんなじコマ割りがあって、そういうのを見るとアニメの画面が浮かんでくるなぁ。関係ないけど、今回もカラーページがあった。毎巻収録されるのかな。掲載誌を見ていないのでアレなんだが。(掲載誌見つからない)とりあえずこの話は世界観が好ましい。優しさを感じる世界。

こないだはコピー本を作りたいといっていたが、うっかり軽い気持ちでオンラインRPGを始めてみた。でもそろそろ飽きてきたりもしている…なんだろう、主人公(複数から選択したキャラの内の1人)が誰かに似ている…と思いながら進めている。ログホラのアカツキかなぁ。今のところ出会う女子は大体薄着が多い。いや、男子も比較的薄着かな…。平均気温の高い世界なんだろうと思っておく。ちなみにストーリーはあらすじもよくわかっていない。この冒険の目的は何なんだろうね…(笑)「百アスカ」という名前だそうです。
一時期進めていた「りっくじあーす」は、インするのにとんでもなく時間がかかるようになったので脱落しました。重いってこと?私が始めた当初はここまでインする待機時間は無かったと思うんだよな…元々早くも無かったけど、まだ待てる時間だったかと。

そんなこんなで、歌をガンガン聞いているとカラオケに行きたくなるね。
posted by ナノッチ at 19:13| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

月末だって!

サイラバさんの新譜をボチボチ聞き進めています。枚数が多くてなかなか進まない嬉しい悲鳴。来週からはそれにMinamiたんの新譜も加わる予定(通販は到着が遅い)。全く嬉しい悲鳴しかない。angelaさんの新譜は少し早く出たから大分聞けていると思いたい。「暗夜航路」やっとフルで聞けた〜エンドレスリフレインしてる〜。脳内。

取り合えず、なんかもうサイラバさんのアルバムが久し振りすぎて何を聞いても泣けそうだ(どんな琴線)。戦隊でたまにサイラバさんの歌が聞こえたような気がしていたのは間違いじゃなかったのかと安心することもある新譜である(どういう)。

「プラネットウイズ」のマンガ2巻はもう発売してるだろうが、田舎はいつ店頭に並ぶかわからないぜ…(´ω`)
真面目な人は予約したり発売日に書店に通うだろうが、私は不真面目で書店も決まっていないので徘徊して見つからなかったら通販する人…。ちなみに田舎の書店は注文しても入荷しないこともある…出版社によるんだろうけど…在庫があっても品切になってたり…。複雑だね!

どうでも近況としては、何故か今、コピー本を作りたいブームが来ています。本当に何故か今。原稿は全く手がついていないので、作る宛も全く無いのですが、コピー本を作るために原稿をやらねば…と本末転倒なことを思い始めている11月の末日であります。
posted by ナノッチ at 18:02| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする