2014年08月20日

AWAY-アウェイ- 1巻


AWAY-アウェイ- 1 (フラワーコミックス)AWAY-アウェイ- 1 (フラワーコミックス)
(2014/07/10)
萩尾 望都

商品詳細を見る


これまた、遅ればせながら購入。これはもう、「怖い、実に怖い」としか言えないくらいの恐怖を覚える内容です。まぁ怖がってばかりでも進まないんだけどさ。

大雑把なあらすじをすると、小松左京「お召し」にインスパイアされた、基本設定を少し変えた物を、ベテランSF漫画家がマンガにしました!

突然隔絶された2つの世界。もとは1つだった世界が、突然「18歳未満の人間しかいない世界」と「18歳以上の人間しかいない世界」に分けられてしまった。しかも、その世界の分け方には、年齢以上の法則性があるらしい。

大人と子供の世界が分断された。突然、子供を失った親は、冷静でいられるのか。突然、大人を失った世界に生きる子供は、生きる術を身に着けることができるのか。どちらの世界にも、それぞれの事件が起こり、穏やかに過ごすことの限界を知る。

とまぁそんな感じで、未知の力(と言い切っていいものかどうなのか)に翻弄される人間の話です。でもこの「隔絶された世界」ってのが、現実にも若干ダブる部分があるんだよね。違う世代の人間を理解できないことを、「宇宙人」と揶揄することもあるし。まぁでもこれはそういう話にはならないとわかりつつも、思い出してしまうのでした。

実は、1巻の半分を読んだくらいだと「意外と早く終わるかもしれない?」と思って見たが、後半を読み進めていくと、「いや、これは如何様にもなるなぁ…」と思い直したのでした。これを毎月待ちながら読むのも、結構つらいなぁ…。単行本でまとめて読むから、やや心が落ち着くような気もする。とりあえず、続巻を待ちます。もちろん、心して正座で。
posted by ナノッチ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

りぼーん〜仮面の男とリボンの騎士〜1


RE:BORN〜仮面の男とリボンの騎士〜 1 (ホームコミックス)RE:BORN〜仮面の男とリボンの騎士〜 1 (ホームコミックス)
(2014/07/25)
手塚プロダクション、フカキ ショウコ 他

商品詳細を見る


コミックスを地味に待っていました!7月と8月の連続リリースですよ!

でも確かにこの本は、進行がそんなに早くないので、最初は一気読みするのがいいと思う。そして、最近すっかり忘れていた初期の設定をコミックスで改めて確認。この設定がどの辺から生かされてくるのかなぁ〜と今から楽しみです。

リボンの騎士は、マンガとしてではなくアニメとしてしか見たことが無いので、どうしてもそのイメージが強い私ですが、それでもそのイメージはかなり覆されます。というか、フランツの声はせきともなのか!!というのが正直な印象。これだけで、話が全く違うということがわかっていただけると思います。

ということで、長い話であってほしいと思う展開なのでした。2巻の発売が楽しみだが、それ以上に3巻以降が待ち遠しいぜ!!

RE:BORN〜仮面の男とリボンの騎士〜 2 (ホームコミックス)RE:BORN〜仮面の男とリボンの騎士〜 2 (ホームコミックス)
(2014/08/25)
フカキ ショウコ

商品詳細を見る
posted by ナノッチ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今頃ですが100巻を購入

先日、最終巻の100巻が発売されると知ってから、暫く経った今になって買ってきました。いや、本当はもう少し早く買うつもりだったんですが、行った書店で品切れだったんだよね。最終回効果なんだろうな〜。

ということで、100巻だけ読むのも何だか味気ないので、その前の99巻から買って読みました。さすがに店頭に、100冊全部並んでいるところはなかったね。

そうして、2冊を一気に読んで、一番に思ったのは「絵柄の劣化が感じられない」ことです。正直、驚いたのでした。なんか、最近読む少女漫画家さんは、ベテランになればなるほど、絵柄に「劣化」というか「変化がある方」に当たるのも多く、安定した絵柄に慣れていなかったというのもあるのでしょう。ということで、まぁ総じて「連載が続くとキャラは若返る」というのがあるので、その辺は特に気になる程度でもなかったので、絵柄の安定と、各キャラのかわいらしさに安心したのが第一印象です。

あとはあれです、登場人物が増えていました。昔はそんなにいなかった「クラスメイト」の存在、「幼馴染」の存在、「名物教師」の存在。それぞれが増えていました。確かにキャラが増えた方が話は広がりやすいしなぁ。その辺は納得。むしろ、この今まで知らなかったキャラについても気になってしまうくらいなので、抜けてる間のコミックスを読みたくなりましたよ。そして、相変わらず子どもにとって、マンガは教材であるということを強く感じました。マンガばかり読んで育った自分のようなマンガッコにとっては、マンガ本は教科書であり情報誌でした。まぁ、今現在でも、十分その要素を持つマンガを読むこともありますが。でも子供の頃に受ける印象と、大人になってから受ける印象はまた違うんだよね。そんな加齢を噛みしめる。

最終回も、「終わりが無いのが最終回」的な感じで、それもまた納得したのでした。そうです、日常漫画には終わりがありません。しかし日常の中にこそ、ドラマは眠っています。しかしまぁ、100巻の「作者のぺーじ」で、作者が読者からもらった意見を紹介してるんですが、「作品はファンのものでもあるんだから、勝手に終わらせるのは許せない」的な意見があって、「へぇ、随分といろんなことを勝手に感じる人がいるもんなんだなぁ」と思ったのでした。まぁでもきっとその人は、作品を本当に愛していて、本も漏れなくずっと買い揃えているのでしょう。私のような、初期に買ってたけど途中から卒業というか脱落した人間には、こんなこと思われたくないでしょうな。生きててすいません。

どうでもいいですが、私はずっとあさりちゃんの髪についているのが「リボン」だと気が付かず、「トマトのタネ」のようなものだとばかり思っていたのでした。話の途中から、「へぇ、これ、髪の飾りなんだ」と気づいたものでした。でもあれだよね、頭の上で結ぶだけで(お団子風味なのか?)あんなシルエットにはならないよね。マンガの髪は難しいです。


あさりちゃん 100 (てんとう虫コミックス)あさりちゃん 100 (てんとう虫コミックス)
(2014/02/28)
室山 まゆみ

商品詳細を見る

あさりちゃん 99 (てんとう虫コミックス)あさりちゃん 99 (てんとう虫コミックス)
(2013/07/26)
室山 まゆみ

商品詳細を見る


で、恐らく後半半分くらいは読んでいないあさりちゃんです。読むためには、電子書籍に手を出そうかどうしようか、悩む今日この頃ですよ。たくさん読みたいけど、読む本を置く場所がない。そして本は可能な限り、何度も読み返したい。もちろん、自分が読みたい時に!そんな感じで、紙の本は大変読みやすいが、多く場所が〜電子書籍に手を出すべきか〜。という感じです。

それと似たような話で、音楽もCDで持っていると、なんだか安心なんですが、ものによってはCDだと手に入りにくいのがあるので、これもDLとかできると早くて便利なんだなぁと思うのでした。しかしまだ実行には至らないけど。

それは、書籍も音楽も同じなのでした。悩むわね〜。
posted by ナノッチ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

■幽白好きの50な質問

配布元:Water CLUB
(2002.7.19現在)

☆基本編
1.あなたのHN(またはPN)を教えてください
HN:ナノッチ★

2.幽白好き歴(または好きだった歴)を教えてください
4年位かなぁ?特に終了してもいないはずなので計算が難しい。

3.一押しキャラを教えてください
雪菜?

4.その理由は?
おっとり系で芯がありそうな乙女に弱いのです。

5.男性キャラで好きなのは?
男性キャラと言い切っていいのかわかりませんが、多分南野。

6.女性キャラで好きなのは?
静流さんかなぁ…。

7.好きなカップリングを教えてください
桑原→雪菜?

8.その理由は?
そこに絡むちびがいるともっと楽しくなるよね。

9.最強キャラは誰?
バーサン。

10.その理由は?
いろんな要だったし。いや、個人的にね。

☆ストーリー編
11.霊界探偵編・暗黒武術会編・魔界の扉編・魔界トンネル編、好きなのは?
あぁそういえば、そうやって分かれてましたね。(死)
トンネル篇の絵はたまに凄かったなぁ…。

12.その理由は?
ある意味後日談っぽいところが。

13.自分的名(迷)場面・名(迷)セリフを教えてください
どこだろう?(聞くなよ)
やっぱ印象に残ってるのは最後の海辺砂浜かなぁ。
映画のようでした。

14.その理由は?
集大成のような気がしなくもない?

15.いろんな意見が飛び交ったあの最終話。あなたの正直な意見は?
あれはあれで。

16.もし再び連載されることになったら、賛成?反対?
無いと思いますが(笑)。
幽助と蛍子の子供が主人公になって魔界を旅する話とかになってたら
「大御所だなッ!!!!」とツッコミを入れます。

17.その理由は?
やりたいんならやりゃーいーし。

18.通して読むと冨樫先生の絵の歴史が楽しめます。どのあたりの絵が好き?
多分、ラスト手前の荒れてない時期かと。

☆映像編
19.TVアニメの満足点を教えてください
声かな。

20.TVアニメの不満点を教えてください
声だな!!

21.あなたの地元で再放送しました?それはいつ頃?
してないはず。
CSでビデオのCMはうだるほど見た。

22.1993年夏(劇場版)・1994年春(炎の絆)に劇場公開されましたが覚えてますか?
忘れてみたいです。

23.観た方、それは劇場で?それとも他の場所(方法)で?
夏のはテレビで。春のは劇場で。

24.覚えていたら感想聞かせてください
夏:1回しか見てないんで…無駄に妖怪が出てきたことくらいしか。
春:色味よりも影のつけ方が変でした。南野の肌がボール紙のようでした。
  雪菜の色は涼しげでした。ちびはただのシスコンでした。
  途中でちびと南野の台詞と口が逆になってた所があったような気がするんですが…。
  気のせいだといいのですが。つか、未だに覚えていると言うのもなんだかな。

25.ずばり映像(アニメ・映画)になって良かった?悪かった?
私はアニメから入って、原作を読んでアニメにガッカリしたクチです。(最低)

26.その理由は?
まぁでも、どっちも別物だと言うことで。

☆サウンド編
27.幽白関連のCDを何枚ぐらい持ってますか?
1枚。ガッカリ。

28.一押しのCDタイトルを教えてください
ありません。

29.その理由は?
イイ記憶が残ってません。

30.好きなキャラクターソングを教えてください
出てきません。

31.その理由は?
せいぜい出てくるのはちびの「問答無用」くらい。

32.好きなOP・EDを教えてください
OP:どっちも同じような印象が…(禁句)
ED:「太陽がまた輝くとき」「デイドリームジェネレーション」

☆ゲーム・関連商品編
33.幽白のゲームをやったことがありますか?
うぃーす。SFCだけ。

34.格闘での主な使用キャラを教えてください
南野。

35.その理由は?
軽くてリーチが長い。

36.こんな幽白関係のグッズを知っている・持っている(もしくは持っていた)
キャラシングルCD。(痛)

37.こんな幽白関連商品が欲しかった!
特にいらない。サムくなるから。

☆応用編
38.幽白キャラで「ほかほか家族もの」をキャスティングしちゃえ!
そういや昔、イタイことに幼稚園児ネタとか考えたなぁ…。
母親:南野 お子:ちび
お子:雪菜
後は見事に忘れた。

39.幽白キャラで「学園ドラマもの」をキャスティングしちゃえ!
体育教師くらいかな。

40.幽白キャラで「恋愛ドラマもの」をキャスティングしちゃえ!
トレンディ?

41.幽白キャラで「ファンタジーもの」をキャスティングしちゃえ!
すいません、同時期なのでレイアースしか出てきません。

42.幽白の同人誌を持っている(もしくは持っていた)
現在進行形。

43.愛読の同人作家さん(現在別ジャンルでも可)がいたら教えてください
幽白はハマる時期が遅かったので、あまり買いに歩いたことは無かったです。

44.同人誌でこんな話を読んでみたい!
特に希望は無いです。おもしろければそれで。

45.幽白オンリーイベント(同人誌即売会)に行ったことがありますか?
ありません。

46.幽白キャラのコスプレを見たことがありますか?(キャラ名・感想)
多分記憶に無い。

48.あなたにとって「幽☆遊☆白書」とはなんですか?
これにハマらなければ同人復帰もなかったような…
これで勢いついてダグに(以下略)。

49.冨樫先生にひとこと
達者で暮らしてください。

50.最後にひとこと
記憶の世界でごめんなさい。
posted by ナノッチ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2001年08月28日

「赤ずきんチャチャ」

「赤ずきんチャチャ」原作:彩花みん 月刊「りぼん」掲載

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

多分、一番初めに見たのは雑誌でだな。
検定試験で師匠と鬼ごっことか、その辺から読んでた気がする。
その時は別に普通に読んでたんだが、読んでく内に気になったような。
そうそう、マンガを読んでておもしろくなっちゃって、単行本を買い揃えたり(最初の数巻は自分の誕生日とかで友人にプレゼントされたりしました。ありがとうございます)しました。

それから、アニメ化になってみたり。どう考えてもテレ東系の無い地方では見れないもんだと思ってたんですが、何週か遅れて地元でも放送してくれてかなり小躍りしたのも懐かしい。

読んでく内にどんどんどろしーちゃんとセラヴィー先生の行き先が気になってしまい、色んな意味で負けてみたり。つか、このマンガはかわいらしい人が多すぎてそれがまたね。可愛さの中にブラックがあったり、逆の時もあったり。おもしろいまんがです。

ポピィ君が出てきてから、話はまた別方向へと行くんですが、それでもまぁ、補って余りある新キャラ満載でそれはそれで楽しかったです…★なんというか、色んな意味で寄り道が…。雑誌で毎月読んでるとわかるけど、たまに読むと何がなんだかわからない状態になってしまうので、やはりここは「雑誌なら毎月読む。読めないなら最初から単行本を待つ。」そんな姿勢が大事なのではないでしょうか(いろんな割り切り)。本来の購買層としては、雑誌も買いつつ単行本を買うのが正しいあり方なんでしょうが(雑誌が売れないと単行本も出ないしね)正直、「チャチャ」1本のためにあの雑誌を講読するのは辛いです。年寄りですから。

正直、終わる気の全然しない作品でしたので、ああいう最終回もアリだなと思いました。なんかもう、アンジェリークのラブラブEDちっくで。しかし、だからこそ本誌で「次回最終回」と予告されてかなり動揺。まぁ、後は好きなように妄想してもいいってことなんだよね…。
posted by ナノッチ at 18:05 | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする