2004年06月25日

勝手キャラ解説(偏見と記憶のみ)

・兄沢命斗-アニザワメイト-
CV:せきともかず
展開:原作/CD/舞台
兄姪戸兄沢店店長。

つーか兄沢ってどこだ(いけぶくろー?)。ので、店長ズの中でも最もフィクション色が強く、且つどうにでもなる性格設定が特徴である(前提として、他の店は地方の持つイメージを具現しているものと思われる)。それゆえに主人公としてのパンチが弱いのも事実である。

心意気の為かいつも学ランぽい服着用(いや、実際は学ランを模してる訳じゃないのかもしれないんだけどさ)。でもやっぱあの服変だし。しかも販売員のため、その上にエプロン(BurningFireな←普段は普通の単色エプロンだが)を着るという恐ろしいマッチングセンスの持ち主。さすがヲタク(ガンダモスキー)。学ランにしか似合わないと思われている赤く煌くサンバイザーは、どちらかと言うと学生帽の風貌である。しかもつばの先割れてるし(いつもではない)。どうでもいいが、万一このサンバイザーが商品化になったら、有明のあちこちの売り子さんが嬉々として着用しちゃうかもなと思うのは偏見だろうか。

いつぞやの有明で兄沢の紙袋を見かけて(その頃はキャプテンのことは知らなかった)「同人誌在中!今は死ねない」とか書いてあったのを強烈に覚えています。いい言葉だけど、それを持って駅とか歩かれるとやや困る。会場内で見るからいいんですけど。TPO。



・並辺ジュン-ナラベジュン-
CV:ますだゆき
展開:原作/CD

兄沢店バイト店員。
勤務実績は兄沢よりも遥かに上。しかも純粋に仕事出来るしな。兄沢の信頼度は一番高いのでは。どっかのキャラ紹介で「兄沢に気がある?」とか書いてましたが、それこそ有り得ないなぁと思う次第。

外的属性:おねいさん萌え。本人属性:耽美萌え。



・祭音絵-マツリオトエ-
CV:かわすみあやこ
展開:原作/CD

兄沢店バイト店員。AV担当。
謎の行動が多いキャラクター。喋らないのに存在感はある感じ。でもそこはかとなく男性向け。

外的属性:眼鏡ッコ巨乳。本人属性: 。



・雅宰いさみ-ガザイイサミ-
CV:しいなへきる
展開:原作/CD

兄沢店バイト店員。画材販売担当。
中性的な魅力ゆえに兄沢2Pとの対決に狩り出された、ある意味被害者。

彼女が出ているドラマCDを聞いたことが無いのでそれ以上はなんともかんとも。



・星井ラミカ-ホシイラミカ-
CV:ながさわみき
展開:原作/CD/舞台

兄沢店バイト店員。ラミカード/BL販売担当。
現役バリバーリの同人腐女子。しかも幅が恐ろしいまでに広い。たまに歯止め利かなくなってイタ発言もあるが、恐らく世間から見た腐女子はこんなもんなんだろうと思わされる貴重なキャラクター。それでも憎めないのはやはりラミカ自身の魅力のせいだろう。東北出身らしい。そうか、都会に出てきて弾けた感じか…。

BLとホモは違う!と断言するところは親近感持つところなんでしょうか。BLもファンタジーですしね。


外的属性:同人腐女子。本人属性:BL熱血。



・西公妃 Coco-サイコウビココ-
CV:つなかけひろみ
展開:原作/CD

兄沢店バイト店員。キャラクターグッズ販売担当。
読めん。というか日本人ですか?背が小さくてかわいくて。でも口調は何故か語尾が「○○ッスよねー」とか体育会系。何故だ。もちろん一人称は「自分」。関西出身らしいですが。あまりBLには興味のない子。こういう子もいていい。むしろいろ。かなりマニアックな知識を持つ。たまに「博士」と呼ばれたり。小賢しかったり。

外的属性:ぷちっこ萌え。本人属性:よくわからんが濃いらしい。



・道玄坂登也 -ドウゲンザカトウヤ-
CV:こやすたけひと
展開:原作/CD

兄姪戸渋谷店店長。多分配下のバイトは大半が女性。
妹萌えのロリ萌え。実際に妹がいるんだから始末が悪そうな気がする。

よくわかんないけど口癖は「仔猫ちゃん」だそうで。元チーマーだったか。ミドルネーム(違)は「絶対零度の堕天使」。でもぷちっこを前にすると「堕ちてない天使」になると。でもちょっと泣き虫。兄貴風を吹かせるのもスキ。ぴゅーぴゅー。



・電鬼凱 -デンキガイ-
CV:みきしんいちろう
展開:原作/CD

兄姪戸秋葉原店店長。なんとなく配下のバイトはみんな男だと思う。
実は苦労人らしい。ので店長ズ(このネーミングもなんとかならんかと)では年長者らしい。まぁ年齢が上だからといって労わってくれそうなメンツでもないが。ほんで金持ち道楽息子で英才教育の末路が今この状態。どの辺が苦労人なんだ?

偏見丸出しのアキバキーワードが全てヒットする男。メイド萌え。電脳関係でウッカリおりる(道玄坂の妹)とメルトモになってみたり、兄沢に騙されてみたり。なんとなく報われない感じが多い。



・メル・ローズ -目流・炉尾逗-
CV:ひらたひろあき
展開:原作/CD

兄姪戸ロサンゼルス店店長。
すいません、ずっと「海外支店なんかある訳ないじゃん、ギャグじゃん」と思っていました。

女装キャラらしい。いや、歌声はかっこいいのに(のに?)。普段はかなり偏見な外人発音の日本語だが、キレるとドスの効いた平田さん声になる。(いや、どっちみち平田さんなんですが)ある意味この人が正当なヲタクかも。ジャンル変動とかそんな感じ。国際派の偏見。



・オダワラジョー -おだわらじょー-
CV:いとうけんたろう
展開:原作?/CD

兄姪戸小田原店店長。
新規オープンの際に店長トリオに迷惑をかけられたかわいそうな人。でも有明徹夜組なので、それはちょっとダメな感じ。大手新刊を買って転売とかしちゃいかんだろう。まぁそんなこんなで罠にも嵌る。



・高橋社長 -タカハシシャチョウ-
CV:こすぎじゅうろうた
展開:原作/CD/舞台

あニめイとグループ総帥。全ての創造主。美人秘書持ち。
神にも等しく、初期段階では「兄沢のような末端の店長は滅多にお目にかかれない」存在だった。最近はフレンドリーに社員旅行にも以下略。

やっぱこれくらいできないと社長にはなれないのだなと考えさせる素敵なキャラクター。男前ですよ。しかし歌はどうだろう、社長…。



・山久経理部長 -サンキュー-
CV:なし
展開:原作

あニめイと経理部長。社長に物申せる数少ない人物。
感謝せずにはいられない、ありがとうのサンキュー部長。無駄金を必要経費とは認めない素晴らしい経理。どうしてこの漫画家の描く仕事女性はみんな仮面使用なのかと。まぁでもわかるけどね。でもなんつーか、昔の高橋社長がしそうなことをしているような感じのキャラです。



・山昇 -サンノボル-
CV:こにしかつゆき
展開:原作?/CD/舞台

管理部とかそんな感じ。秘書っぽいけどね。
舞台をまだ見ていないのでドラマCDの彼しか知らないのでした。



・2P兄沢 -2ぷれいやーあにざわ-
CV:なし
展開:原作

山久経理部長の「ダメな店舗潰し計画」の元に導入された兄沢潰し要員。
2Pは肌がトーンで顔も比較的かっこよさめになっているので外見上は太刀打ちできないのが基本。兄沢に勝負を挑むが、アイデンティティをむしり捨てた兄沢に僅差で敗北。「すいません、所詮2Pっス」



・2P道玄坂 -2ぷれいやーどうげんざか-
CV:なし
展開:原作

山久経理部長の「ダメな店舗潰し計画」の元に導入された兄沢潰し要員。
渋谷店も要注意だったんだろうか?そんな疑問。道玄坂とのバトルはお互いに丸め込まれてドローって感じ。むしろ泥沼。外見だけじゃなくて趣味思考及び家族構成も一緒ってのはイヤだなぁ…。後で「騙されたー!」と引っくり返すのもいいかもしれない。



・2P殿鬼 -2ぷれいやーでんき-
CV:なし
展開:原作

山久経理部長の「ダメな店舗潰し計画」の元に導入された兄沢潰し要員。
秋葉原店も以下略。やはりこいつも生い立ちまで同じなので恐ろしい。すごい人員見つけてくるなぁ、さすが山久経理部長!ここは丸め込みではなく、純粋に共生してしまいました。ドロー。



・雷場竜-ライバリュウ-
CV:せきとしひこ
展開:原作/CD

ダークメイトグループ社長。だったかな。
あにめーとのライバル会社のエライヒト。元は彼も兄沢と同じあに店だったらしいですが、なにかあって退社。後に会社を立ち上げ今に至る。グッズやCDの中身はどうあれ、豪華声優陣を起用したりとんでもないおまけをつけたりと、消費者に「買わずにはいられない、暴利だけど」と思わせてしまう戦法で名を馳せる。



・B MASH-ビーマッシュ-
CV:いしだあきら・ゆうきひろ・ほしそういちろう
展開:原作?/CD

渉・譲・光
まだどれが誰だかわかってません。ダークメイトグループの…役割としてなんなんだ?ロリショタユニットだったっけ。歌って踊ってターンしてるイメージです。



・道玄坂おりる-ドウゲンザカオリル-
CV: 
展開:原作/CD

道玄坂登也の妹。
アニメとかにはまったく興味が無いはずだが、なぜか有明でコスプレイヤーとして参加していた。何故。自作のファンタジー小説を机に隠してあるような微妙なお年頃。何の因果か、一時期殿鬼とメルトモでした。かわいそうに。2P道玄坂にやや微妙な好意を抱く。結局この妹も兄さんが好きだしな★



・シマモトカズヒコ
CV:しまもとかずひこ
展開:原作/CD

原作者の内の1人。たまに絵だけでなく声としても登場。無駄に慣れてる。そしてたまに歌われる。狼狽しましょう。(え?)
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月18日

このコーナーについて

大変わかりにくいですが、このコーナーは「Captain ANIMATE. Want you!」つまりは兄芽店長を冷やかすコーナーです。元々クソがつくほど暑苦しいジャンルなので、どう冷やかしてもどうなるもんでもないんですが、まぁそれはそれのこれはこれで。

毎度のことながら、オオモトとは関係ありませんし、関係しようもありません。私の接点はポイントカードとCDときゃらびー及び単行本くらいです。(これでもう十分な気がするが)ラジオは聞いてません。よくわからないから。(カズシマだけで精一杯)というか、電波的に聞こえないけどね。

どうでもいいけど、このシリーズにもEDトークがあればおもしろいのになぁと思いますが、ほぼ別録音らしいのでやはりそういうのは無理でしょうか。
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月07日

最白3 沈黙の即売会

ドラマCD アニメ店長最白III 沈黙の即売会 ドラマCD アニメ店長最白III 沈黙の即売会
ドラマ、関智一 他 (2002/09/26)
マリン・エンタテインメント

この商品の詳細を見る

■あらすじ。
さぁて、今日は年に1度のコミックフェスティバール。そこは群雄割拠のヲタクが集う騒然の埋立地。愛蔵渦巻く混沌の会場。ヒトの集うところに騒ぎと事件と金銭トラブルあり。そこを狙うテロリスト…無事にコミフェスは閉会を迎えることが出来るのか?!そして店長は即売会の未来も救えるのか?!




つーか、OPからどっかりとBLで始まって仰天した。

すごく嫌なんですけど…でもその直後に入るヒラタさんのNaが男前なので、そこで結構救われました。うわーんでもあんまりだーい。ジャンルが煩悩の数だけあるのはいいとしても、そんな同人誌的内容から始めなくたっていいじゃないかと泣きながら思いました。うーわーんー。(妖怪)でもまぁ、C/W的には「デンキ×アニザワ←ドウゲン」って感じでしたか。ってゆーか、書いててもなんか不毛だ…ギャグ。すいません、世間の同人的アニ店を知らんのでこれがどういう位置なのかよくわからんのですが。個人的にはデンキは受けっぽい…つーかどいつもこいつも以下略。生きててすいません。

それにしてもラミカは毎回、同人女の心根を代弁してくれるようでいいなぁ。ジャンルコードが消えた時の寂しさが!まぁ確かに、多少の中傷嫌がらせにも屈しない心も大事ですが、わざわざ無駄に喧嘩を売りつつ歩いていくことも無いよねという感じで。

兄沢が撮影したデジカメを見る4人の掛け合いがアホすぎて良かった。いいツッコミだ、トウヤ。

どうでもいいけど、店長4人が有給とって参加のコミフェスってどうよ…つーかよく有給取れたなぁ…しかも都会の店舗なんて、この季節客大入りじゃないのか?とか余計な心配。そういや私、今の渋谷店どんなんだか知らないんだよなートウヤがいそうな感じなのですか?(聞くな)アキハバラにはデンキがいそうな気がしました。かわいそうなくらい。

やっぱ基本年中無休のサービス業は大変だなぁ。でもやっぱ「お客様は神様です」と言っていいのはお店のヒトだけだ。客が言い張るようになっちゃおしまいだ。

そんなこんなで、最終的に「信じるものは救われる」と言う話でした。実際、こんな事件が起きてしまったとしても、こんな風に危機を乗り切っていくことができるのだろうか、現実のイベントに集う人たちは。そんなことを思ってみたり。とりあえず自分ができることから始めてみましょう。点検時間になったらちゃんと身の回りを確認しようとか。どうでもいいけど、「コミケ」と言うのは「Comic Marcket」で「市場」であって「祭」ではないんだよね。尚の事、秩序が必要だよなとか。




*)今回収録のお歌。
「(タイトル忘れた)」歌い手:店長4人+ロリショタトリオ+元店長(なんかグループ名あったけど忘れた)
怖かった。雰囲気から考えて、なんでこの曲で洗脳(違)が解けたのか今でもわからん。まぁ確かに、宇宙一のポジティブソングはちょっと迫力には欠けるけどね。

(2004.01.07)
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最白2 スペーストレブラン

アニメ店長-最白II-(トレブラン2) アニメ店長-最白II-(トレブラン2)
ドラマ、関智一 他 (2001/09/01)
マリン・エンタテインメント

この商品の詳細を見る

■あらすじ。
いつも通りのだるい日常の最中、意識の奥から聞こえる声に耳を傾けた兄沢の見たものとは?!(電波じゃないよ)




とりあえずあざとい商売をエグイ商売と言っておきましょう。

早速の冒頭、ラミカ姫と星井を判別するために投げた質問がおもしろかった…。(記憶で書いているので実際とは多少異なります)
「ボーイズとくれば?」「be ambitious?」
「ダリアといえば?」「お花の名前?」
「違う!こんなのラミカくんじゃない!!」

そういう判別の仕方かよ。

いや、もっと冒頭の(どこまでを冒頭と言い張るつもりだ)囚われの身の兄沢と殿鬼がおばかでした。どかーん。囚われている現状よりも、「こんなことがラミカに知られたら一体どんな同人誌を出されるか」と本気で狼狽する兄沢はどうだろう…。確実に牢屋から出て、もといた場所に戻れると言う、無駄なまでの確信(いやまぁそれはそれでね)。そしてアキバキーワードの男は脳髄までアキバキーワードでした。あーこのCDここの部分聞くの嫌だなー…。(遠い目)いや、聞くけどね。Track分けできないから。

そして異世界でのライバリューとかビーマッシュだったかビーダッシュだったかが恐ろしかったです。だからロリショタは特にCDで聞きたくないんだってばー。あー怖かった。いやもホントに、道玄坂の気持ちがわかるね(あそこだけ)。ロリ萌えなんだってさ…あの人はさ…。あー疲れた。

キャラ的にメルにテコ入れが必要だと言われていました。確かに、目立った特徴が…まぁこれからなんだろうけどね。土地柄を出すのが基本な気がするけど、その肝心の土地柄が見えてこないというのがアレでは…。って、こんなに考えてもどうにもなりませんが。あー普通に女性店長出てこないかなぁ。すんげー強そうなのに。きっと誰よりも強いだろうなぁ。でもやっぱヲタクなんだろうなぁ。ありがちなのは、弾けてないラミカみたいなタイプ。根暗と腐女子と言う要素を抜いたらどんなキャラができるかなぁ。あそこで。

そんなこんなで、おいらそんなにガンダモには詳しくないんですが、ガンダモマニアの心はちょっと垣間見れた気がします。いや、見たからといってどうなるもんでもないんですが。でもホントに反射光だけで勝った話があるのかしら…それは気になりましたがね。




*)今回収録のお歌。
「輝いていこう」歌い手:店長4人
宇宙一のポジティブソングだそうです。
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Single CD セカンド イグニッション

■内訳。
 1.セカンドイグニッション
 2.言えない言葉
 3.1のオフボーカルヴァージョンと言う名のカラオケ
 4.2の以下略




「OP セカンドイグニッション」
勢いもさながら、歌詞の勢いもまた素晴らしいよねー。勢いだけで奮起できそうになる自分も単純だと思いますよー。なんつーか、あそこまで聞いてる素人に対してプロ根性丸出しな歌詞は逆にとても新鮮でいい。
さて、発売当初は店頭で朝も夕方も無い状態で流れまくっていた。いつ行ってもOPかよ…と店内の更なる濃さに眩暈を通り越してときめきを覚えた(嘘)。

「ED 言えない言葉」
題名を全然覚えてなくてすいません。調べないとわからなかったよ。だってOPの印象が強すぎるよ…(遠い目)。でもこれもまたなかなかイイお話かと(話かよ!)思うのですが。OPとEDでいい感じに繋がってるし。でもちょっと微妙な戸惑いチックな青さがあるのはどうなのかと思うのですが、そもそも兄沢の年齢さえもわからないのでそれはそれでいいのかなと思いましたとさ。(横柄)
ところで、未だ閉店間際のこのお店に行った事が無いのでわからないのですが、本当にこの曲が閉店間際に流れるんですか?

*)ignition…点火(装置)
 発火でもしますか。

(2004.01.07)
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fire Wave!!3 ゆきゆきて温泉

ラジオドラマCD アニメ店長「FIREWAVEIII~ゆきゆきて、温泉~」 ラジオドラマCD アニメ店長「FIREWAVEIII~ゆきゆきて、温泉~」
ドラマ、関智一 他 (2002/07/25)
マリン・エンタテインメント

この商品の詳細を見る

■あらすじ。
小田原に新規OPENする兄姪戸。その新規OPEN大混雑のヘルプのために、各店舗から選りすぐりの精鋭店員が駆けつける。もちろんその中にはいつもすぎるメンバーが…。




そんな訳で、毎度の店長ズ(兄沢店・渋谷店・秋葉原店)は自前の車で小田原に向かい、更に自腹で温泉宿にも泊まります。経費なんか欠片も出ないのに、自分たちの楽しみのために身を削ります。しかも仕事と同じ方向で無いとなかなか遊びにもいけない様子。大変だなぁ店長ズ。しまった、普通に同情しちゃった。(しかし、夏と冬の祭典のために有給を使うらしいことが判明。まぁそれはそれで)つーか年次有給休暇何日なんだ、ちゃんと休めよ!

そんな奴らの道々のオモシロ話と兄沢店からのヘルプ、ラミカ・Cocoっちのオモシロ話を集めてそんな話となりました。とりあえず、このCD(ラジオドラマ)を聞いて、思っていた兄沢像と実際の兄沢とかなり違うと言うことがわかって、個人的にはショックでした。だって今まで広告の兄沢しか知らなかったんだもん。もうちょっと燃(アニキ)っぽいのかと思っていました。それにしても、兄沢は何歳なんだろう、ね…。

元々はラジオドラマだったので、そういう細切れのミニドラマなのでそこがまぁいい感じと言えばいい感じ。




■Bonus CD 1.禁断の露天風呂 2.超大物、現る

■あらすじ。
1.小田原の高級(?)温泉露天風呂を冷やかしに来たラミカとCoco。そこで、思いもかけぬシチュエーションで意外な人物と遭遇!ラミカの信念は既存世界を変えることができるのか?
2.今日も平和な兄沢店。そこに突如現れた、例のアイツ。今日のアイツはちょっと変だぞ!そんなアイツに太刀打ちできるのか?兄沢!!勝てるのか?兄沢!!気合の入ったパンチをお見舞いしてやれ!

すいません、こっちを聞きたいが為に真っ先にこのCDを買ったと言っても過言ではありません。ラジオではなく、CDとしてクリアな音で奴(奴とか言うな…)の声を聞いたのはこれが初めてです…どうしよう、普通に普通の聞ける声だし…。なるほど、これなら「転校生」のアフレコで「普通にしゃべってください」と指示が出るだろうな…。むしろ出すだろうな…。どちらのファンにも怒られるかもしれませんが、このCDを聞いて私は、”万一ホエペンがアニメとかになってモユルの声を誰がやるだろうか?と聞かれたら「おっきゅんかな」と答えるだろう自分”を見つけてしまいました。(くどい)そんな訳で、そんな感じです、わかる人はわかってくだされ。いや、別に万一「ホエペン」がアニメになって本人が声をやるのもいいんだけどさ…でもさ…。(この辺はいつぞやの「サンデーG×」のそういうコーナーを読んだ人にしかわからない)

1.禁断の露天風呂
原作者に「BLやってます」とか「兄沢総受」とか言ってしまえるラミカはすごいけれども、やっぱ原作者に面と向かって言うな!と思いますけどね。それにしても、正直な話、カズシマの絵はBLに向いてないですか…?(吐血)個人的にはそーでもないよーな気がするんですけどー(棒読み)。まぁそれはそれのそこはそれ。何よりも、自分の上司が受でいいのかラミカ…。いやだけどなぁ、身近に実際としてのネタになったら…(苦笑)。精神的ラブは、遠きにありて思うもの…。それにしても、同人腐女子のあるべき姿として、公式世界で例えどんなことになっても、煩悩は留まる所を知らず…と言うかむしろ逆境があるほど愛は燃え上がるらしいので、かなりうまい具合に都合よく解釈されて消化されるのでは?そう考えると今回のラミカはまだまだだよな…。(そんな判断もどうだろう)オフィシャルで多少のことがあっても、動じないのよ、同人腐女子は。とても強いのよ、同人腐女子は。

兄沢の感じはこれが一番今までの(ポイントカードとか1コマ広告とかで思っていた)イメージとぴったり…。あほで。無駄に男気で。なんかここだけ聞くとラミカがちょこっとだけCOCOっちのおねいさんっぽく聞こえる。それはそれでいい。とてもイイタイミングで合いの手を入れるトウヤもなんかねー。つーか「風呂禁止!」ってどうよ…。

そんなこんなで、勢いメインの掛け合いが大好きです。殴る音は鈍いのでよろしく。

2.超大物、現る
Cocoっちに向けての台詞が演技とは思えないものに感じられました。そう考えるとうまいのかどうなのか。つーかそんなところが評価されてもそれもなぁ…。

個人的には、本来の店内での困った系のお客さんと言うものが垣間見れておもしろかったです。なるほどそりゃーねー。(棒読み)そりゃ困るよなー。個人的には女性の困ったお客について、聞きたかったような聞きたくなかったような…。実際には無いからまぁいいんだけど。とりあえず、年齢制限に引っかかるお嬢さんは年齢指定の同人誌を買ってはいけないと思います。店舗で。

そして奴らは兄弟で親戚で親子なんだ…。「父さん!」とか言われた日にゃ、もうどうしていいのやら…。いや、どうもしないんですけど。でもなぁ…。

*)連鎖 de chain reaction
そして何故か歌まで収録…。いえ、いい歌ですよ…いい歌…。うなされますが。暫く鼓膜に張り付きますが。とりあえず、印象に残る歌ランキングをしたらすごい記録を出してくれそうな歌です。マジで。

あーこのCD買ってよかったなぁー。(棒読み)




*)後日、BLに詳しいSさんにこのCDを聞かせたところ。
「ナマテキってのがなんかすごいな…この印象…」とかなり狼狽されてました。やはりBLはどうあっても妄想で創作の産物ではないのですかと。
posted by ナノッチ at 00:00| アニメ店長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする