2010年05月19日

星奏学院祭3(2010/05/16 夜の回)

行ってきました。学院祭。今まで日程の都合でいけなかったので、人生初の学院祭です。人生初のコルダオンリーイベント(inパシヒコ)です。

100516_1541_20100518231945.jpg
例のロビーにはリリがいました。なんか結構出来がアレな予感のリリです。音楽の祝福は降りてくるのだろうか…と不安に思う感じです。(今気がついたんですが、もしかして今までの学院祭でも登場していたリリなんでしょうか)

100516_1541~001
引いてみると、リリの台座に各校の校章がペイントされています。イタズラではありません。見難いですが、確か台座の左側に見えているのは天音の校章だった気がします。そしてリリの背中側は神南。残る辺は笹かま。リリの台座とロビーのスペースを有効に活用したレイアウトだと思いました。リリはきっと各校に音楽の祝福を与えてやってもいいと思っているのだろうと思うことにした。心広いね!

内容としては以下の通りです。そして実際に見に行くとわかっているくせに、事前情報を全然取り込んでいなかったため、当日誰が出演するのかも実はよくわかっていなかったのでした。ビギナーは雰囲気と空気を味わうために参加しております。

■ブルースカイブルーで全員登場(まだ知ってる歌)
確かフルバージョンだったかと思います。これキー低いから、女子は大変じゃないだろうか。とか心配になった。まぁでもアレだね、コルダ3のOPだからいろいろと妥当ですね。ここで2のOP歌われたら違う意味で心臓に悪いし、まもいないし。

■ドラマ 3キャラ前編
■ドラマ 2キャラ
■ドラマ 3キャラ後編
(欠席キャラはナレや電話効果による出演)
初めてひなたんの声を聞くことが出来たわけですが、かわいすぎて参りました。そして幼馴染に対するぞんざいな対応が大変たまりません。かなで×響也に燃えました。新の新っぷりもよかったですが、それに対する従姉妹のハルっぷりも素敵でした。コルダ声優さんは女子の方が男前で参ります。ハルのかっこよさは、本編よりも今回見たご本人の演技で果てしなく株が上がりました。天井知らずです。
今回は各キャラが何かしらのモノマネ(登場してる別キャラの)を披露していましたが、かおりんのサングラスが一番印象に残っています。れいれいの金やんは素敵でした。多分ホンモノより勤労してる感じ。
それにしても、きしょーさんは相変わらず衣装がレンレンとかけ離れているので、それをドラマ中に突っ込まれていたりもしました。うんまぁ、そこは突っ込むというか、一応聞いておきたいよね、確認として。と言う感じです。愛情です。
そうそう、2と3のキャラを見た目に演じ分けるため、衣装を替えたりしてました。(いや、濃い人によってはそのまんまでもありましたが)個人的にはあけさんの衣装替えが燃えました。エクステ!!都築さんも出ればいいのにと勝手に願いましたが。
それにしても、いとけんさんともりたさんは衣装的におそろいでした。

そうそう、ドラマと合わせる感じで、出演キャストキャラからひなたんへの愛のモノローグが繰り広げられていました(ネオロマ的には必須だろうが)。思ったよりも心が痒くはなりませんでした。愛のモノローグとしての破壊力は、多分2のキャラの方が強いかもしれません。思い入れの差?

■バラエティコーナーへの、内田さんと岸尾さん
うちださんの登場の仕方が昭和で素敵でした。きしおさんはきしおさんでした。いいなぁ、あのシャツどこで買うんだろう。

■バラエティコーナー
笹かまとセレブの2校対決でした。進行はくおんさんとたかぎさん。
そういえば、バラエティコーナーはこれ1つしかなかった気がします。やっぱり登場声優さんが少ないから、負担を減らすためにこういう構成なのかしらと思ってみた。

■八木沢の歌
森林浴。爽やかでしたよ。

■火原の歌
「卒業」でした。実は2はfアンコールに手を出していないため(完結編をやるのが寂しすぎるから)、初聞きですよ。そうか、火原さんたらRAPもやるのね…。

■冬海たんの歌
SPICA???!!(ここは叫ぶところじゃない)アルファ波出てました!!和みました!!和みすぎて記憶がありません。

■みょーがの歌
タイトル紹介のイラストに度肝を抜かれました。

■そういえばLRの歌があったな
ステージスクリーンのカット割に爆笑しました。楽しそうに歌ってもらえると幸いです。

■とーがねの歌
伴奏はむろやさんでした。うはー。

■レンレンの歌
「without end」これもむろやさん。どっはー。

多分、キャラソンはほとんどショートバージョンだったと思います。お陰で記憶に残りづらいです。

■登場声優さんたちのコメント
皆さん全体的に「3のキャラを愛して欲しい」オーラ全開でした。特にもりたさんは、あそこまでシャレでもハッキリと言ってもいいんだろうかと心配になりましたが、まぁこれもあれか、ファンを信頼するゆえの発言かなと言うことにしておくことにしました。あいしていますよ。

■最後はハッピータイム
「みんなで歌ってねー!」と言う感じで密やかな合唱でした。やっぱりこの歌はいい歌ですよ。この歌がかかると「あ、終わりなんだなー」と感慨深くなりました。なんていうか、舞台が終わりと言うか、この時点でフト「2の展開が終了なのかな」と思ってしまうことの方が我ながら重要事項でした。
そういや、そんな最後の歌でむろやさんもライトを振ってくれましたが、振り方がアレで素敵でした。なんかもう、全力で謝りたいです。


こんな感じで大変アレなのですが、ちゃんとした内容の順番は覚えていません。しかもどこがアンコールだったのかもあんまり記憶にありません。

で、回顧主義みたいでいやなんですが、「Happy Time」を聞きながら「やっぱりコルダは前のが良いな」と寂しくなったのが事実です。純然たる事実です。

それはさておき、場内ナレに大地がいたらしいのですが、同行の友人に言われるまでまったく気が付かなかったし。私は「大地が好きだ」と周囲に発言する資格はないと思いました。むしろ言えば言うほど、周囲から「無理しなくて良いよ」と哀れまれるくらいです。愛情は難しい。3のメンバーを愛する資格がない自分を何とかしたいです。

全体的には、音響が大変聞きづらかったです。それだけで「これはDVDに収録する気がない回かもしれない」と思える程度でした。そうそう、ネオロマお得意の宣伝が流れる際、通常ならそれなりに歓声とか起こるものではないのかと思うんですが、今回は見事に静寂が流れました。ちょっとびっくりしました。

100516_2008.jpg100516_2008~001
せっかくなので、どこにもメガネ先輩もいないというのに観覧車を撮ってみました。その時の時間は20:08でした。舞台が終わってトイレに並んだ結果の時間がこの時間です。察してください。

100516_2048.jpg100516_2048~001
でまぁ、思ったよりも早く終わったのでのんびりと夕飯を食いました。うどんうまーい。そしてひっそりと反省会もしましたが、それでもやっぱり慌しくても舞台を満喫できる方が嬉しいような気がしないでもない。

100518_2208.jpg
防御力を上げるために、ライト買いました。オレンジです。個人的には火原カラーかなと思って購入。確かピンクはなかったような気がしましたよ。ピンクがあればそれを「冬海たん!」と言う感じで買っていたかもしれない。でもこのライト、とりあえず1本あると結構楽ですね(「楽」とか言うな)。で、この手のライトを使用することがまず今まで無かったので、「どういう感じに振るものだろう」としばらく周囲の状況を見ながら使用していたんですが、正直そっちが気になってステージをあんまり見ていませんでした(何しに行ったの!)。

そしてこのライトを買う時にも若干のネタがあるのですが。同行のHさんの分もライトを買うことになり、ウッカリと色の指定を聞いてこなかったのですが、Hさんといえば、何はなくても緑だろう。だって土浦なんだから。
私:「ライトの?緑とオレンジを下さい」
窓口:「…みどり、…とオレンジですね」
なんか妙に間のある応対。何でだろうとポップを確認したら、そこには「グリーン」って書いてました。そうか、和名でオーダーしたから戸惑われたのか。じゃぁアレかな、「緑と橙をください」と言えばよかったのかな。まぁ無事に2本ゲットできたのでそれはそれで。で、もちろんHさんには「やっぱり緑を買ってきてくれた!通じた!」と喜んでもらえました。よかったよかった。で、私が買ったオレンジを見て、「コルダ3でオレンジと言えば誰なの?」と問いが発生。その場に居合わせた全員が「…新ぁ?」と言う微妙な疑問系で声を揃えました。東金は山吹色かな…。

と言うことで、人生初の学院祭でした。結構おもしろかったです。
でもアレです、自分の観覧姿勢はかなり周囲から浮いていると実感したりもしたので、ああいう場に参加するには「果てしなくそぐわない人種だな、自分…」と痛感しました。同行の友人には迷惑をかけてしまったな…と。そんなことを感じてしまった今回の学院祭。でもきっとまた機会があればのうのうと参加しているような気もしますが。とりあえず今回はいろいろと一人反省会。
posted by ナノッチ at 00:30 | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

金色のコルダ primopasso ステラ・コンサート アンコール

金色のコルダ ~primopasso~ ステラ・コンサート アンコール [DVD]金色のコルダ ~primopasso~ ステラ・コンサート アンコール [DVD]
(2007/10/17)
高木礼子.谷山紀章

商品詳細を見る


と言うことで、ステコンアンコールのDVDを見る機会がありましたので、忘れない内に感想でもダダモレしておこうと思います。(Nさんありがとうございます!)

今回はPCで見てました。そしてイヤホンで聞いてしまったために、かなりとんでもないほどの臨場感だったり。(実は1枚目を普通にPCのスピーカで聞いてたらどうにもトークと曲の音量差に違和感を覚え、更になんとなくもったいないと思い2枚目はイヤホンで聞いてみました)いやぁ、イヤホンって、ホントいい仕事してますね。(私のイヤホンはカセットのイヤホン流用だがな)

MCの竜平さんステキですね。ホント自由で。まさか本当にゲームをやりこんでいるだなんて…というか、声優さんに「ゲームやってますか?やってないですよね」とか確認取るのは結構卑怯ではないかと思うのですが(笑)、うまい進行だと思いました。初っ端から演奏者のみなさんにも鬼のような無茶振りが多くて素晴らしかったです。なんかもう、普通のネオロマイベントにMCとしていつまでも舞台上にいてほしいくらいです。ゲームの主人公の名前はある程度大事だって事を思い出しますね。まぁでもコルダぐらいなら、男性がPlayしても若干辛いくらいで済むのではないのかと(苦笑)。アンジェなんかはかなり辛そうですが。

ステコンのOPもカノンさんがあの歌を歌ってくださいました。いやはやホントいい歌だなぁ。竜平さんはリアルに着メロにしているそうですが。着メロにしているかどうかの真偽よりも、そういう返しが出来るのはいいことだと思います。

夜の部のOPトークは自由さが随所に見え隠れする感じでした。珍しく白いシャツを着てきたきしょーさんは、竜平さんに「白…似合わないですね」とか言いにくいことをOPから言われてなかなか良かったです。そして意外とネタに出来ると踏んだのか、きしょーさんはその後もドラマパートでネタにしてみたり。まぁでも確かに、ラメとか光沢地とかアニマルが彼にはお似合いだと思います。かおりんにも「動物とか」って言われてたしね!わかってらっしゃる。

しかしかおりんはいつもかわいらしい衣装が多いですね。さすが妖精。
たかぎさんは基本ドレッシーで、夜の部はかおりんと色違いのドレスでありました。
きしょーさんの昼:夜のお仕事っぽくノータイスーツ。夜の部:似合わないといわれた白いシャツと黒スーツ。もちろんノータイ。ボタンは2つ以上開いています(デフォ)。
いとけんさんはベストdeスーツみたいな。とりあえずジャケットは無しの方向。タイはあります。なので、「きしょーと足せばちゃんとしたスーツになるんです。僕ら2人で1人前みたいな」とか言ってた気がします。しかしねぇ、タイがあってもジャケットがないと、どうしてもコント衣装みたいに見えちゃうんですよ…だから客席から笑いが起きてしまったんですよ…別に誰もいとけんさんの衣装がオチだなんて思っていませんよ…ホロリ。というか、最近はクールビズの浸透からタイはあんまり大事じゃないような気がします。まぁ時と場合によりますが。

音楽監修のこやまさんがかわいらしかったですよ。アマデウス。

そういや、むろやさんが「月の欠片」を演奏しているのを聴きながら、てっきりこのままきしょーさんが歌いに来るのかと思ってたら、「いや、これはコンサートなんだから、歌はアレだろうに」と思い直しました。ところが、結果的に声優さんが歌うコーナーがありまして…それはそれでなんだか複雑な気持ちに…。まぁゲストだしなぁ…でもコンサートなんだけどなぁ…確かに大きい括りではネオロマイベントなんだけどなぁ…。そうそう、もう1人のゲストいとけんさんももちろん歌ってらっさいました。舞台上ではしきりに「うっとりから…ドッキリ!」と評されていた「革命?Another revolution」ですが、いやもうこの歌は昔からアレでしたからな!ある意味伝説。都市はつかない。それはさておき、歌がうまくなったと思いました。よかったですね。というか、この2曲の伴奏がむろやさんとおかださんなんですよ。なんて恐ろしい。そしておかださんの「まさか”革命”からメタルになるとは…」の感想が結構忘れられません。そうか、あれはメタルか…。ホント罪作りです、ネオロマ。

それにしても、DVDで見ると演奏者さんとか楽器がアップで見れるので、これはかなり幸せであります!弦楽器の質感とか超気になりますよね!年代物を大事に使ってらっしゃるんだろうなぁとか思えるじゃないですか。もえ!これはもう、現地の大スクリーンじゃ(+私の視力じゃ)絶対見れないものなので、これが醍醐味かなとか。当たり前だけど、弦楽器を演奏する時の指と弦の動きが軽い!ふんわりタッチ!これはもう、どんなにモーションキャプチャーしようが、アニメやCGじゃ表現できないものだと思いました。

そうして、たまに挿入されるアニメとか心が痒くなる恥ずかしいモノローグを体感して、「あ、これってネオロマ」とか思い出すのでした。いや、竜平さんの「ネオロマっぽくなってきましたね」の一言でも全然いいんですが。

◆ドラマパートもありました。
まぁ一応ネオロマですしね。
そこでのカホコさんは、なんていうかアニメのカホコさんでした。リリはリリだし。土浦さん(ドラマ及び語り)は、個人的にはアニメというよりもゲームの土浦さんに近かったような印象。レンレンはいつでもきしょーさんであって、ある意味レンレンだったのかどうなのか。

◆演奏者さんの印象。
あべさん(トランペット):
火原っぽいというよりも、もしかしたら森田さんっぽい…?竜平さんの無茶振りにも頑張って対応する前向きな好青年です。やはり吹奏楽の方は体格がいい。

えんどうさん(フルート):
キャラが良いなと思いました。と言うか、演奏者の方にキャラを演じてほしいとまでは思っていないんですよ。なんかもうほんとすいません。みたいな。

おかださん(ピアノ):
確かにむろやさんが言っていた様に、第一印象「ふてぶてしい」と思われがちかも!(なんてひどい)でも発言ややりとりを見聞きしていると、なんとなくイイヒトそうに思えるから不思議。(いや、きっとふてぶてしい人じゃないんだって)叙情的な演奏にお人柄は出ていると思いますが。

なかじまさん(ヴァイオリン):
超かわゆい!!他に言うべき言葉が見つかりません!「もえ」ってきっとこういうこと!

むろやさん(ヴァイオリン):
最近某有名キャンプに入隊されたということで、時節を感じました(そこかと)。発言が哲学的と評されていました。確かに自由でした(それは同意じゃないよ)。

かどわきさん(チェロ):
確かに志水さんっぽい!なるほど!熱意の感じられない拍手を打つ様とかかなり燃えますね。

にしざきさん(クラリネット):
確かにいい加減ビールくらい飲みたいですよね。だから演奏者の方にキャラを演じてほしいとまでは以下略。モノマネの人がモノマネのままにカラオケを歌うというのは2重の試練なんですよね。

まつもとさん(ヴィオラ):
微妙な自由っぷりと、慣れた感じが更に王崎っぽいなぁと思ってしまいました。


どうでもいいですが、今回のDVDを見て、「アニメ本編:合宿中にアヴェマリアを弾くカホコに勝手にジョイントしてきたレンレンとの視線がかち合う場面」は「逆ロミオとジュリエット」と呼ばれていることを初めて知りました。しかしなぁ、レンレンの扱いを考えたら、あながち「逆」は不要ではないだろうかと思ってみた。

でまぁ、どんな展開になっても、最終的にたかぎさんのかわいらしいモノローグがあれば、結構それだけで雰囲気で終了することが出来ていいなぁと思いました。(褒め言葉)もうアニメ(primo passo)は終わっちゃったけど、なんだかまた見たいなぁと思ってしまう感じです。ちょっとだけしんみり。
posted by ナノッチ at 23:13 | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

ノブトシさんライブレポ(2008.9.21)

カテゴリを何にするかかなり悩みましたが、なんとなく「ネオロマ」にしてしまいました。まぁなんていうか、いろいろと察してください。(開き直り)

当日は雨でした。渋谷は坂でした。以上です。

と言いたくなるくらいに肉体疲労の印象しかありません。生きててすいません。若くも無いのでオールスタンディングは地味にきつかったです。途中で足がしびれていました。そしてライブで弾けると言うことが不慣れなため、かなり挙動不審な入場者でした…。本当にすいません。場の空気を乱してすいません。

まぁそんなイタイお詫びにはさておき、ライブは始まりました。
「懐かしい曲をどんどんやってくからね!疲れちゃだめだよ!」としょっぱなから歌いまくる40才を6月に迎えたオッサンにかわいくあおられてみました…本当にこの人は自由だな…。もちろん、10曲弱連続で歌い切った後に「つっても自分が疲れてるけど」みたいな感じで酸欠になりそうなご本人もまた自由でした。まぁでもバンドの中では最年少とゆーことで、他のメンバーを「やーい、ジジイージジイー!」と罵っていました。小学生か。本当に仲良しだなぁ。そんな本人もライブ中突然「ゴメンなんだかズボン下がってきた」と舞台から予告なく消えてみたり。それを繋ぐ飯塚さんが「どうしよう…。みんな、夕飯なに食べたい?お父さんつくっちゃうよ」とかやってたりで。おとーさーん。仲良しだなぁ。まぁ場内からは「カレー!」と言うまちゃ的お約束の掛け声がかかるのですが。そんな飯塚さんは「これからローソンで夜勤バイトだから早く終わらして」と巻き始めるし。そうか、これからランロデかー。みたいな。

そういや、バンドメンバー紹介が意外とあっさりで、本人の自己紹介がすっかりネタになっていたなぁ。いや、おもしろかったんだけど。

ご本人は途中で「今まで歌った曲」を紹介してたんですが、フツーに頭真っ白状態で読んでいるので、恐らく誰も止めなかったら最後まで読んでいたんだろうなー。(これから歌うメニューまで全部読み終わる勢い)さすがにバンドメンバーが「最後まで読むなよー」みたいな牽制はしてました。「うん、このままだと最後まで読んじゃいそうだった」
やっぱりか!バンドメンバーみんなに愛されてるなぁ、ノブトシさん。(欲目)

ライブの曲は結局ランデヒの歌3曲くらいしかわかりませんでしたが(数年前に買ったご本人アルバムのは多分無かったような気がする←私の持ってるアルバムもかなり限られるのでアレですが)、ライブの序盤に「しあわせになろう」が来て、「うわー、なつかしー」と思いながら聞いてたんですよ。そしたら、「そうだ、この歌はこんなノリノリ(死語)な歌だったんだッ…!!」といろいろと狼狽。いや、あの時のダメージは結構大きかったよ。(私だけ)そんでアンコールのアンコールで「君のためにここにいる」を聞いて、「そうか、幸せじゃないランデヒの歌もあるんだー」と妙に感慨深かったです。(なにそれ)

で、シークレットゲストがいるとは聞いてたんですが、まさか卒業Mの5人が揃うと思ってなかったので、場内大変な盛り上がりでした…。映像ゲストの福山さんだけかと思っていたので(笑)。Mは全然知らないんですが、曲は大変良かったです(「夏のアドレス」というらしいです)。歌いながらパートを確認しあう石川さんとノブトシさんがかわいらしかったです。ハモりも素敵でしたとも。そしてMの4人が舞台からはけたら、あまりの寂しさっぷりに「俺なんかもー泣きそうー」と弱音を吐く6月に40才を迎えた以下略あまりの動揺っぷりが不憫でなりませんでした。石川さんに「あなたのソロライブなんだからしっかりしてくださいよ」とか言われてました。しかもその返し付近が「ゴメン全然話聞いてなかった。別のこと考えてた」やだもーこの人かわいそー。

てゆーか、このMのみなさん、誰一人として自己紹介しませんでした。いいんだ、それで。まぁ声聞けば大体わかると思うんですけど、それでも、「いいのか?」とか思ったことは内緒です。

福山さんと言えば、ノブトシさんがライブ中に「福神(*)で台湾にライブ行ってきまーす」と報告したら会場内のファンがみんな拍手で応援ですよ。(そういえば、ライブ始まる前に周囲にいたおねいさんたちが「台湾行きますよ?」とか話していたのはこのことだったのかー。すいません、普通に台湾のアイドルを追いかけているのかと思っていました)さすがに場内で「行くよー!」とかの掛け声はかかりませんでしたが。そんな応援拍手を受けてノブトシさん、「よかったー、何で台湾でライブなんだよって怒られるかと思ってたんだよー」と胸を撫で下ろしております。うん、あのさ、例えそう思ってもここでは言わないと思うぞ。だってみんなノブトシさんのファンなんだぜ。まったく、今日も自由だなぁ、この人。

総括すると、会場内のファンは全体的にとても優しかったです。みんな本当にノブトシさんが好きで仕方ないんだなー。と目を細めていることができました。そして今回のライブで歌った曲はほとんど廃盤でありますが、買える範囲のネオロマ歌は買ってもいーかなーと思い始めています。(笑)やー私、ランデヒのことやっぱり好きなんだなーと思い出しました。ランデヒの声がノブトシさんで良かった。(笑)帰ったらめいととあまぞんの窓を叩きます。割れないように。 (結果的に、めいとで1枚、あまぞんで3枚くらいアンジェCDを買ってみました…散財)

あ、同行の友人とライブの帰り際に「今日の曲目」が貼ってあるかと確認したんですが、無かった模様。

と言うか、このライブの感想で一体何回「自由」を使ったんだか、私…。


で、同行の友人にライブの帰り際、「ノブトシさん、歌うまいじゃん!」とお声をいただいたりしました。それに対する私の返答もおかしいんですけど。
「や、まぁ、歌手では無いんですけど、うまいんじゃないかと、私は思うんですけど。でもファンがうまいとかいっても誰も信じてくれないと思うんで、あんまりそういうのは、言いたくないんですよね」
なにこの本心がどうだと言う返答は。我ながらおかしな返答をしたと思います。そっとしておいてください。続きを読む
posted by ナノッチ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

■神奈さんFANに50の質問

配布元:すかいふぁんたじあ
(2002.4.28現在)

1:あなたの名前(HN可)を教えてください。
ナノッチ★

2:あなたの誕生日、血液型を教えてください。
秋分の日。O型。

3:神奈さんファン歴は?
厳密にはめんどくさいんで、概算でいいですか?浅く5?6年くらい。

4:神奈さんを知るきっかけになったのは、どの作品のどのキャラ?
多分ランデヒかなー。もうあんまり覚えてないです。

5:その声を聴いたときの感想は?
フツーの兄ちゃんだなと目から鱗。(最上級誉め言葉)

6:神奈さんの声で好きなのは、低くて渋い声?爽やかな高い声?
吟味出来るほどたくさんの種類を聞いてる訳でもないので、どっちでもいいです。
強いて言えば「威勢のいいチンピラ」声が好きです。

7:理由は?
地方にいると聞ける絶対数が少ないので、ハッキリ言えば何でも満足らしいです。

8:逆に苦手な声は?
いや別に、特に無いです。

9:理由は?
選り好み…。

10:神奈さんが出演しているイベントやライブなどに行ったことがある?
Nothing.

11:「ある」と答えた人は、何に何回くらい行った?「無い」と答えた人は、どれに行ってみたい?
解答不能。

12:声優雑誌を購読している?
してまっせん。たまに思い出した時に立ち読みするくらいです。

13:その中で神奈さんの取材などがあったら、必ずチェックしてる?
たまたま立ち読みして、表紙か目次に名前があれば探します。
それか、HPなんかで事前に情報が流れてればそれを目掛けて。

14:あなたの周りに神奈さんファンはいる?(ファーストじゃなくてもOK)
Nothing!!別にそれでいい。

15:神奈さん目当てでアニメを観たり、ゲームをしていることが多い?
むしろその方向。
でもやっぱり肝心の中身がおもしろくないと長続きはしません。
きっかけはきっかけに過ぎないですね。

16:神奈さんが出演しているものは全てチェック済み?
すべては無理。出来る範囲で。

17:神奈さんが出演している作品なら、どんな作品でも全部見てみたい!と思いますか?
いや、見れる範囲で。己の魂売ってまでコンプリートすると言う気持ちはありません。

18:神奈さんがどんな役をやっても納得する?
どんな役って…出来如何。視聴者は完成品しか見れませんから。
自分の中で勝手に役者像を狭めるのはあんまり好きじゃないです。

19:神奈さんが吹き替えされた洋画は見た?(主人公でないものも含む)
えーまー色々と。

20:「見た」と答えた人は何を見た?「見てない」と答えた人は見たいモノってある?
たくさんあるんで、よくわかりません。途中から見たらいつのまにかいたり…とか結構多いんで。
後、名前が出ないとかねー。(実によくある話)

21:その中でオススメの洋画はある?
…どうしよう、思い返すと印象に残る物が特に…。見てる最中は盛り上がってたんですが。
あ「スクリーム」のランディには笑いました。「ランディだってさ!!!」みたいな。

22:神奈さんが、意外なキャラクターの声をやっててビックリした!というのはある?
何気なく「ガサラキ」見てたけど、流してたからか、どこに彼がいたのか
サッパリわからなかったのが悔しいというかなんというか。(主旨違う)

23:今まで、神奈さんが演じた役でお気に入りベスト3は?(アニメ・ドラマCD・洋画なんでもOK)
バート(Jack&Jill)・ランデヒ(Angelique)・李白竜(SHAMAN KING)・ジャック&ダークプリンス(BB)
3つじゃ無いじゃん。順不同で。

24:神奈さん出演のアニメ・ドラマCDなどでオススメは?
個人的には彼でありさえすればそれでいいというのがあるので。

25:この作品に出演してほしい!というのはある?
特に無し。出てれば追いかける気持ち。

26:あなたの好きな漫画や小説がドラマCD化・アニメ化するとして、この役は神奈さん!というのはある?
特に無し。アニメ以外の好きな作品はあんまり率先してアニメ化して欲しくないかも。

27:あなたが買った神奈さん関連商品はどれくらい持ってる?
…言わなきゃいかんのか?(屈辱)CDを3枚ほど。後は多分無い。

28:その中で、一番のお気に入りは?
CD。

29:神奈さんが唄った歌で好きな歌ベスト3は?
すいません、ウッカリとランデヒの歌ばかり浮かびます。

30:カラオケで、神奈さんの歌を唄ったことある?
ランデヒの歌以外で入ってればそれも歌いたいにゃー。

31:「ある」と答えた人は何を?「無い」と答えた人は唄ってみたい?
ランデヒの歌やね。

32:神奈さんにファンレターやプレゼントを贈ったことがある?
NOTHING!!!

33:「ある」と答えた方は何回くらい?「無い」と答えた方は、贈ってみたい?
多分やらない。

34:もし、神奈さんが兄弟になるとしたら兄・弟どちらがいい?(自分より年上・年下関係なく、性格で考えて)
かなりダメな兄貴。希望。

35:理由は?
ヘタレでよろしく。

36:あなたはコンパに参加しました。そこには、神奈さんソックリの人がいます。あなたはどうする?
できるだけ目を合わせないようにする。

37:ソックリだと思っていたら、実は本人だった。その時のあなたの態度は?
メンチを切る。

38:あなたは、神奈さんに告白される夢を見ました。どんな風に、何て言われた?
浮かぶのはランデヒとバートなんですが…どっちも聞いてるこっちが吹き出しそうになります。

39:あなたは何て応える?
にっこり笑って「サヨナラ★」。

40:神奈さんご本人が運営されているHPに行ったことがある?
あーりまーす。

41:「ある」と答えた人は、どれくらい通ってる?「無い」と答えた人は、行ってみたいと思う?
日記に日参。

42:そこの掲示板にカキコしたことは?
無いでーす。

43:行き付けの神奈さんファンサイトはありますか?
無いです。その内余裕が出来たら発掘したいです。

44:自分で神奈さんファンサイトを運営していますか?
してませーん。そんな精神的余裕が欲しいです。

45:神奈さんを知って、嬉しかったことは?
あぁ、こんな人もいるんだ…と知れば知るほど納得してしまうこと。

46:逆に辛かったことは?
彼の逸話や武勇伝を友人に話す時、結局嬉しそうな自分で辛いね。

47:あとどれくらい神奈さんを好きでいると思いますか?
ライフワーク。多分。

48:あなたにとって「神奈さん」とは?
未来形アイドル(大嘘です)。

49:神奈さんに何か一言!
これからも是非そのウッカリな方向でよろしく★

50:お疲れ様でした。最後に一言!
やっぱ多分、普通のピュアーなファンの方と解答方向が違うような気がする…。
すいません、ごめんなさい、あんまり自分は偽れません。
posted by ナノッチ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

「金色のコルダ 放課後のエチュード」公録(2006.5)

金色のコルダ 放課後のエチュード」公開録音(2006.5)
ラジオ「金色のコルダ?放課後のエチュード?」ラジオCD 第3楽章 ラジオ「金色のコルダ?放課後のエチュード?」ラジオCD 第3楽章
小西克幸 谷山紀章、谷山紀章 他 (2006/05/24)
ランティス
この商品の詳細を見る

どうやら、この公開録音はCDに収録されてないみたいですね。所在が決まらない存在なのか…?

そういえば、ネット配信も終わった頃に何故か公開録音のお知らせが来ていたなぁ…。TVアニメ決定記念と言うことで、恐らくTVアニメが終了して暫くまではこのデータは聞けそうですよ。ほっくほく。

個人的にはこにしさんの「あ!うぉーりあーの人だ!!」がよかったです。

今回も見事に対決とバツゲームがメインな内容ですが、会場の皆さんも、リスナーの皆さんも、スタッフの皆さんさえも、

そんな風にオイシイとこ取りなキショーさんが見たいんですよ…(溜息)。

もちろん私もそんなキショーさん(きーやんさん)が見たい聞きたい眺めたい。

そして基本的にコニヤマ3O'sの発言が、実は誠実さが感じられなくてとてもいい感じです。そんな「うっそーん!(失笑)」と突っ込みたい衝動に駆られるしかない発言が大好きです。

毎度のこと「セリフdeコンクール」は、キショーさんがすぴーどわごんのおざわさんのようで、もう、「健在だなぁ…」と遠くを見た。こにしさんはいつもどおりある意味王道を行く感じですね。ハズすと大きいんですが。今回は当てたけどね★

まぁ結果的にオチで勝敗はある意味思ったとおりに決まりましたが。みんなやっぱりそんな扱いのコニヤマ30'sが大好きなんですよ。

どうでもいいですが、公式にある画像でコニヤマ3O'sがアフロヘアですが、どうしてもワイルド3人娘に見えて仕方がありません。生きててすいません。(真実は聞けばわかりますよん)

いやぁ、EDが「Happy Time」でよかったですよ。微笑ましい。

キーワードは「誠実」。
posted by ナノッチ at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

「ネオロマンスライブ2006 Autumn 9/24 午後の部」

060924_1701.jpg

開場:17:15 開演:17:45 (混雑のせいか開場時間から15分ずれ込みました)
閉場:20:50は過ぎていたと思う(時計持ち歩かないから…)

■始まりのアナウンス
  ニクス・レイン
□谷山さん新曲披露「月のかけら」
□森田さん「share」披露
■TVアニメ コルダ プレ映像披露
□岩永さん「白日夢」披露
□堀内さん披露
■ミニコーナー「歌詞キング」
  岩永さん・小野坂さん・谷山さん・高橋さん(?)・森川さん
■遥か映画CM
□伊藤さん新曲披露「太陽の粒子」
□高橋さん持ち歌2曲披露
■ミニコーナー「ネオロマ声de神経衰弱」
  森田さん・伊藤さん・鳥海さん・保志さん・堀内さん
■遥かゲームCM
□鳥海さん歌披露
□保志さん歌披露
■ミニコーナー「意中の子に出す手紙朗読」
  セイラン・月森・土浦・ジェイド
■アンジェエトワール12話特別編予告上映
□小野坂さん歌披露
□森川さん歌披露
■みなさんでご挨拶
□イベント恒例ラストソング
---アンコール---
□各キャラの歌、サビだけメドレー
  トリが小野坂さんでした…
□オスカー別歌披露
■終わりのアナウンス
  ニクス・レイン


大体流れとしてはこんな感じだったと思うんですが、自分の記憶には基本的に自信が無いので(自慢するな)、もしこの日・この回をご覧になった方がいらっしゃいまして、真実と違うところありましたら、是非是非ツッコミをお願いしたく思います。補完させてください。

あれ、そういえば全員が出てくるオープニングはいつだったろう…。キショーさんの歌の後だったか、森田さんの歌の後だったか…。すいません、記憶に無いです。とりあえず、最初の皆さんの紹介の時に、スクリーンに演じたキャラとご本人のお顔が並ぶのが、わかりやすくて良いなぁと思いました。(全部のシリーズのファンなら必要ないかもしれませんが)

060924_2038.jpg

終わった頃には、夜景が瞬いていたよ。

>●個別レポという名の感想。
つづく。
ライブビデオ ネオロマンス▼ライヴ2006Autumn ライブビデオ ネオロマンス▼ライヴ2006Autumn
イベント (2007/01/17)
コーエー

この商品の詳細を見る
続きを読む
posted by ナノッチ at 05:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ネオロマイベントレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする