2016年10月04日

これで進めるか?

最近、また「ペンが欲しい」病が出てきました。きっかけは「ぼおるぺん古事記/こうの史代」であります。本書の感想は別記として。

で、細くて乾きの速いボールペンは、昔ならあんまり無かったけど、今のご時世ならもうちょっと種類が増えているんじゃなかろうかと。ということで、スーパーの文具売り場(すいません、最近近所に文房具店が無くて)でPILOTのノック式ゲルボールペンを見つける。そうそう、これ、色ペンとして料理のレシピカード作る時に使ってたんだよね。その時は「メモが水没することもあるので、耐水性のペンが欲しい」ということで、水に強い色ペンとしてjuiceを買ったのでした。そして書いている内に「書き始めや円を描く時の、インクだまりがほとんどない」ことに気が付く。でも今使ってる0.5mmだと絵を描くにはちょっと太いかな〜と思っていたら、0.38mmがラインナップに加わってるよ!試し書きするしかない!…よし、なんか行けそうじゃない?ということで購入。ほぼ衝動買い。でも定価100円だからそんなに痛くない。そして色ペンしか買ってなかったから知らなかったが、黒赤青には替え芯があることを知る。あ、なんか心強い。

ゲルインキボールペンjuice/PILOT

ということで、帰宅してワクワクで「何か描いてみる〜!」と盛り上がったはいいが、ここ数年まともに絵を描いていないので、白紙のコピー用紙の前で何を描いていいのか途方に暮れる。仕方ないので、君望のアニメビジュブを発掘して、まだ原稿が終わっていない茜誕生日マンガに思いを馳せて、写し絵を描いてみた。下書きして〜ペン入れて〜消しゴムかけて〜。思ったよりも乾くのは早かった。消しゴムをかけたらインクが薄くなるかなと思ったが、若干薄くはなったが、コピーに出ないほどではなかった。よし、これでいつでも原稿作業が再開できるぞ〜。確か茜誕生日原稿は下書きの途中のままだったはずだ(記憶も怪しい)。

で、今調べたらその新作「ジュースアップ」ってのもあるらしく、これはなかなか高機能そうだぜ。これはさすがにスーパーの文具売り場にはないだろうな…。いつか文具店に行ったら探したいところです。

ゲルインキボールペン ジュース アップ

ぼおるぺん古事記 (一)天の巻 -
ぼおるぺん古事記 (一)天の巻 -
【関連する記事】
posted by ナノッチ at 14:55| Comment(0) | 穴アキ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同人情報

ざ・おふらいん

■イベント情報

2016年以降のイベント参加は未定となっています。

■通販+既刊 情報

おれべる堂通販SHOP
※チャレマです。
現在通販は休止中です。

■イベント参加傾向

冬コミは常に申込(不参加時は落選)。
※夏コミは体調不良のため参加を見合わせております。
たまにオンリーイベントなどに何の脈絡もなく出没していることがあります。

■サークル活動傾向(既刊)

・君が望む永遠
・ネオロマ
 コルダ(火原×冬海、土浦×日野、オールキャラ)
 コルダ3(オールキャラ・ひなたんもえ)
 はるか2(オールキャラ・花梨たんもえ)
・ファイバード(火鳥×美子)
基本精神は女子もえです。 登場キャラの多い話が大好きです。年齢指定はありません。

■今後の新刊目標

・きみのぞのラブコメギャグ
・はるか2のパラレルギャグ
・コルダ3のアホギャグ
・ファイバードで火鳥さんと美子先生メインのラブコメというかギャグというか
のいずれかを出したいので、ネタがまとまったらそれに応じてイベントを申し込みたいです。
(掲載順序は優先順位ではありません)
posted by ナノッチ at 14:31| オフライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

今週の視聴

そろそろ改編期だな〜。

サンシャイン。
最終回だった。予選の結果が出なかったのはまぁ予想の範囲内だったが、まさかその予選で卒業式みたいな劇をやるとは思ってなかったので。そうか、これが「観客を巻き込むタイプ」の展開なのか。ところで、私は今の今まで「村の星女学院」だとばかり思っていたぜ。なんてひどいネーミングだろうと思っていたら、「浦の星」だったのか。海だもんな。これが今回の収穫でした。

マクロスΔ。
これまた最終回だった。まぁなんとなく終わったかな。なんかいろいろ突っ込み所はあれど、重要じゃないキャラの扱いはやはり重要にはならないんだなと。そのまんまか。しかし誰かミラージュを救ってやってはくれないだろうか。そんな感想に終始したよ。
なんか、分割2クールじゃないかと囁かれているようだが、確かに続きそうでもある。解決したようなしていないような。まぁ、どっちでもいいかな…。

獣王。
操に「言われっ放し」耐性がついてきたぜ。そしてオチはまさかのタスクだったと。なんでじゃ。

ライダーエグゼ。
いや、主人公の命を救った執刀医って野村さんだよね。しかしどんな交通事故でどこを切開することになったのか、全くわからん始まりだったな(多分そんなに大事ではないかと)。なんとなく、刑事モノだったライダーを思い出したよ。名前忘れちゃったけど…。

デジモンアプリ。
主人公の友人が不思議なキャラだなと思っていたら、今回のラストで早速そんな闇を出さんでも…といった初回でした。随所にワートリみたいな…。

鉄血2。
そのまんま始まったな。

ローニャ。
最終回だった。今の今までじいさんが父親の父さんだとは知らなかったよ。

RINNE。
最終回だった。また3シリーズが始まるようなので、待たれるわ〜。楽しみだなぁ。

秋からのEテレ新番組では「クラシカロイド」が製作発表からずっと待っていたので、見るぞ〜。「3月のライオン」も見るぜよ。
Eテレと言えば、この週末、久しぶりにおかあさんと一緒を見たらうたのおねいさんは変わってるし、キャラクターぬいぐるみも変わってるし、絵柄がなんか近代的だし、声にはタカノリさんがいるしで、いろいろ置いていかれた。日進月歩じゃのぅ…。 とりあえず、今のうたのおにいさんのキャラは結構好きなんだよな。
posted by ナノッチ at 08:27| Comment(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

今週の視聴

獣王。
やっとボスが動くようですな。ハンターの小物感が増すな〜。

ゴースト。
タケルの制服姿の似合わないことよ。予告で「謎の訪問者」とか出ていたが、個人的にはライダー自体が十分に謎の訪問者なんだが。アラン様、似顔絵うますぎじゃね?旅立ちにたこ焼き機を小脇に抱えるライダーってのも、なかなか小粋だよな。
新しいライダーを短パンと取るか、腿長ブーツと取るか、悩むところだな。あと、アイマスクのせいか、ヒゲがあるようにも見えるぜ。お面を担いでいるのも、ゲームのアイテム要素かな。

タイムトラベル少女。
まさかの置き去りだったな。御影が偉人の仲間入りしちゃったよ。これこそタイムパラドックスに通じないのかと。前回今回と駆け込みのサッカー少年も落ち着く所に落ち着いたようだな。しかし素直に「これで良かったんだ」とか言っちゃうパパンは大丈夫かと突っ込むしかない。将来、ワカの兄貴があの機械を作って辻褄を合わすのか。リンゴと交換された例の本は焼失したが、なくなった経緯とかうやむやのままにしとくのはかなりどうなのかと。いろいろ疑問は尽きないが、あれは雰囲気と余韻で許される締め方なのか?

マクロスΔ。
次回最終回らしいんだが。ミラージュがもう悟りの域に達しているので、ハヤテとフレフレのラストは結構どうでもよくなった。余韻締めではあったが、特に響くものはなかった。というか、なんか危なげな作画が結構あって、たまに隊長がとんでもなく短足になっていたりして肝を冷やした。最終回は普通な作画がいいな〜。風の惑星の王族は「我々こそが解放軍也」とか言い出したよ。ヤバイ方向だよ。まぁ王族だから仕方ないか。人民を解放するために、歌姫を捕らえて意のままに使うと。

サンシャイン。
予備予選通過。ミューズのお参りに向かうアクアご一行。おいかけるんじゃない、自由に走り回って駆け抜けた先がきっとゴールなんだ。と、なんだかわかったようなわからんような競争の原理を無視した展開に。てっぺんを目指すということは、そういうことなのか?というか、アクアご一行も「学校を宣伝して入学希望者を増やして持続可能な学校経営に寄与したい」というのが基本理念ではなかったのか?それがきっかけで集まったが、「みんなそれぞれに輝きたい」というのが今の理念なのかな。まぁ女子頑張ってるのはかわいいけど。これも次回最終回らしい。

ローニャ。
ビルクママンのコメントに尽きるな。あんな喧しいところにずっといなきゃいけないなんて、苦痛でしかないぜ。

精霊の守り人。
最近OPがだるいので早送りをしていたのだが、久しぶりに見たら絵が変わってたな〜。
しかし星詠みの長老は、アホすぎだろうと思ったが、改心がマッハだったのでそんなにアホでもなかったのかと。というか、優秀であれば、行くべき道を見誤るのも大概にしてほしい。それぞれがそれぞれの本分をまともに遂行しないと国が乱れるんだな。

任飯。
良い最終回だった。最後の「飯にするか」は軽めでしたな。
posted by ナノッチ at 09:58| Comment(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

今週の視聴

マクロスΔ。
まさかの中島に卒業フラグが。護衛のいないワルキューレライブなんて、いつも以上に生命の危機しか感じられない。あ、フレフレは今回のライブで手の甲に白い結晶が現れ始めたよ。風になるパイロットと一緒で、歌で風になっても生命を燃料にしてるらしいよ。
今回の流れは〜陛下の御前で茶番劇な裁判→死刑確定→執行→お約束の逃亡→ライブ強行→増援到着→被弾→撤退。という感じだったかな。三雲さんは眼鏡に囚われて、「あなたこそ伝説の星の歌い手」とか謎の呪文で記憶に干渉されて、泣きながらいつもと違う歌を歌っていたよ。遺跡から何かしらが盗まれて、レディMがそれを使って作ったんだろうとかいう流れだが、果たして本当にそのままなのかな。そしてこの話は2クールで終わるのか?しかしそれにしても、風の惑星のムササビ隊の登場が、違う笑いを誘うぜ。カナメさん頑張って。ひろし財団の人は声が小形さんに変わっていました。そうなったら最早「ひろし財団」というニックネームも使えないのでは(自分への突っ込み)。

ローニャ。
やっと建設的な話になってきた。しかし次回で親父らが対決して、その次が最終回かよ(確か全26話)。早いな。

こえ恋。
気が付いたら、クリスマスだったよ。こういう話に出てくる「ライバル女子」というものは、主人公に敵意を持つタイプが多いから、一気に不穏になるな。対して、主人公に片思いする男子は憎からずな方向になるのがまた落差を感じるぜ。まぁここで、主人公の想い人に嫌がらせをするような男子だったら株が下がるよな。という男女の位置の違いを感じてみた。

侠飯。
来週最終回か〜。早いな〜。しかし今回は、火野さんの発言に、今はもう出てこない同級生が生きているのを感じて物悲しくなったよ。

精霊の守り人。
星詠みの長老らしき人物が王子の生存を知っても、揉み消しのためにまた王子は命を狙われるんじゃないのかと思いましたよ。なんていうか、野島1人の手には余る案件だよなと常々思う。
そんなこんなで、王子とバルサの仲間たちは新たな旅に向かうのであった。滞在先での過ごし方って、大事だな。

獣王。
海賊の余韻は特になかった。相変わらず、鯨とハンターがグイグイ来ている。今回も空回りになってしまっている操を見るたびに、「お前のその釣竿キャラは飾りか?今こそ大物を釣り上げる時である!」とナレーションつけたくて仕方がない。

ゴースト。
今日が最終回かと思ったら、次回のバトンタッチが最終回のようだ。今回のはあんまりちゃんと見れなかったので、正直よくわからなかったが、結局タケルは人間になれたのかな。なんでなれたのかはよくわからなかった←ちゃんと見てないから。
新しいライダーは医者なのか。医者なのに、なんであの外見なんだ。ライダーと職業は関係ないからか。

ちまちま見ている「坂本ですが」は、クリスマスの話がやってきた。予想外にノブトシさん声がやってきたので、絵柄と相まってゲトバカを思い出したりもしている。懐かしいぜよ。
posted by ナノッチ at 13:11| Comment(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

今週の視聴。

ローニャ。
そういえば、ローニャは家出の間、髪の毛は伸びてなかったのだろうか。ビルクもだが。冬が来る前に、それぞれの家に戻れて良かったねぇ。

精霊の守り人。
いろんな世界が交錯するなぁ。前回の虎はやはりバルサではあったが、不思議な槍のおかげで、人を斬らずに済みましたよ。逆刃刀か?そしていつ野島も建国の書が偽物だと気付いたんだろう。見逃したかな。

獣王。
豪快はさ、全てに上乗せできるんなら最強なんだろうけど、実際はそれだけじゃ済まないんだよな〜とか思い出した。しかしロボット搭乗時、「回せばいいってもんじゃない」とは驚きだぜ。私もとりあえず回せばいいもんだとばかり思っていたんだぜ…。しかし巨獣ハンターは思っていた以上に、本編に食い込んでくるな。今までのシリーズで食い込んでくると思わせながらも、意外にあっさりと消えていった輩もいたというのに。

ゴースト。
イゴールはビンタ要員なのか?今回のライダーは変身の段階が増すと、禍々しさも増すな。個人的には、兄上と一体化されていた時の姉上の姿勢がどうだったのか気になるくらいですよ。

ユニコーン。
100秒の解説とあらすじ補足までしたのに、OPまでちゃんとあってビビったよ。緑の結晶がファフナーを思い出したなんてのは内緒だよ。

7つの大罪。
今回は短い話がメインなので、全体的に同人誌みたいで微笑ましい。そして本編の微笑ましさからラストへの落差よ。なんかもう、君らの目的とか過ちとかあんまり覚えてないんだよね…不真面目な視聴者ですいません。
そして10月からはここでガンダムか〜。

こえ恋。
逆お見舞いのイベント来たな。メロンパンとその周辺も同じようなことでまた衝突事故を引き起こしてるし。いやぁ微笑ましいので、ユルく見守りますよ。生徒会長は来週くらいに出てくるかな。会長もいいけど、会長の周辺もキャラが立ってていいよね。

サンシャイン。
フルメンバー(1人欠席)で予備予選の特訓してる。プール掃除は裸足でやるもんなのか。
長く近くにいる友達に限って、肝心なところは打ち解けていないものなのでした。主人公がアホで良かったね。いや、アホではないんだけど。この予選を見て、「アクアのメンバーが増えた」と気がつく人たちはいるのかな。まぁ人数が増えると華やかにはなるしな〜。それを考えると、少数精鋭でやってる他のグループはすごいな(そこか)。
posted by ナノッチ at 10:25| Comment(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

今週の視聴

ひっそりと「坂本ですが」の円盤を眺めています。声が豪華だな。こういう学園モノが久しぶりで何だか新鮮だわ〜。これもTBSの深夜なんだな。ファフダスを思い出すぜ。ちなみに私がほぼ毎日見てる学園モノは「斉木」です。

マクロスΔ。
眼鏡は秘密の呪文を使って、三雲を秘密裏に拉致。悪い顔だぜ。取り逃がしたと聴いて、白騎士は不審に思ったんじゃないかと。ちなみにカシム(りんごの生産者)は寿命だぜ。
しかしマキナが三雲の背中に雪を入れるイタズラをしていたが、あの雪玉はでかすぎでは。あれの10分の1でも十分に効果はあるぜよ。あの量の濡れ方では、その後の方が心配になるぜ。まぁあそこの気温もどんくらいなのか。そして個人的には、あんなでかい雪玉が入るだけの隙間が空いた襟元な服で雪国にやってくるなんて、雪国を舐めてるとしか思えない。いや、未来はインナーがすごいのか?軍人のミラージュよりも良いインナーを着用しているイメージのアイドルセンター。3歳のアンドロイドはもっとすごいのか?そういや、前回急に挿入された「三雲もハヤテが気になってます」エピソードは今後関わってくるんでしょうね。
ハヤテの不思議な髪の毛は、簡単に手で千切れるようなもんなんですな。しかも投げ捨てられたそれは、固そうな材質だった。ルンルンなの?
三雲を「星の歌い手」と評して、自分の翼を捧げるとか言ってるが、これすら噛ませ犬で、最後のおいしいとこはフレフレとハヤテがかっさらっていくんだろうか。主人公だし?
過去の精算を次世代に求めるのはどこでも一緒なんですかね。「事情があれば何をしてもいいのか」それはそれぞれお互い様だよね。事情の位置もね。正義なんてものを振りかざすのは、後ろめたい証拠だぜ。いろいろと悩ましいね。そろそろ最終回じゃないかと思ってるんですが、どうなんですかね。違うのかな。

ユニコーン。
なんでもできるシステムだな。とりあえず前々回くらいから、「今日は最終回か?」と思うくらいかな。しかし今回のガンダムを見ていて思うのは、1年やんなくてもちゃんと話はまとまるということかな。まとまらなかったり、なんだかよくわからなかった1年もやってたガンダムは一体何だったのかと。半年だったっけ?←もうあんまり覚えていない。
この時代はもうアムロは亡くなっているのか?←すいません、最初のガンダムもちゃんと見ていません。
最後の最後で浪川キャラにも見せ場がやって来るのか?
どうでもいいけど「帰還」ってつくタイトルは何だかたぎるよね。「戦士の帰還」とかな。

四月は君の嘘。
梶キャラの妹出てきた〜。ヒロインも病状が深刻になってきた〜。椿は進む道が見つかったのかな〜。

サンシャイン。
海の家と夏合宿。ピアノ女子と主人公の更なる雪解け。
posted by ナノッチ at 16:38| Comment(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする